いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

今年もやってまいりました。
いたうが今年プレイした狭い範囲でのゲームランキングです。

 (殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン
デウス
ガイアプロジェクト
マンション・オブ・マッドネス第2版

-------------------------
1位:アクアスフィア(殿堂入り)
2位:クラフトワーゲン
3位:パルサー2849
4位:Hammer of the Scots
5位:エスノス
6位:フィンカ
7位:ヴードゥー・プリンス
8位:テオティワカン
9位:キョンシー
10位:カヴェルナ:忘れられた部族

(次点)
・マルコポーロの旅路
・キャピタル・ラックス
・ザ・マインド
・グレート・ウェスタン・トレイル
・ルクソール
・汽車は進むよ
・リバーボート
・トランスアトランティック

マルコポーロもGWTもキャピタル・ラックスも押し出された、だと…?
上から順に書き出していくと、こうなりました。

アクアスフィアは文句なし。
このゲームに出会えて良かった。
ボードゲームをやってて良かったと思える一作でした。
フェルドとは相性が悪く、点数が辛くなりがちだったのですが、この作品は自分にとって別格でした。
今までプレイしたゲームの中で、最も手番順の有利不利が少ないと思える作品ですし。
まだ手に入るので、この分を読まれた方は、手に入れることをお勧めします。

クラフトワーゲンは、一般に「佳作」と評されがちな作品ですが、どこかにあるようなシステムとシステムを組み合わせて、最高のパフォーマンスを発揮するとこうなる、というような作品です。
任天堂みたいなもんでしょうか。
この作品も、本当に素晴らしいと思います。

パルサー2849は、本当に心をくすぐられる作品でした。
アクションダイスを取るフェイズの見事さ、各要素の絡み具合、ソリティア風味とインタラクションの割合、勝ち筋の多様性、どれもこれも一流だと思います。
この順位なのは、この要素がトゥーマッチな人もいるだろうなというところです。
またプレイしたいと思っているので、来年には殿堂入りするんじゃないんでしょうか(^-^;)

Hammer of the Scotsは、積み木システムなんでね、高い順位に入ってきて当たり前ですよね(^-^;)
「システムに遊ばされる」のではなく、対人の駆け引きが存分に味わえるというところが、大好きです。

エスノスは、1時間程度で濃厚なマジョリティとセットコレクションが遊べるというところが素晴らしい作品です。
登場する種族カードが違えば、また違った展開になるところも良い。
John Howeのイラストもまた素晴らしい。

フィンカは、素晴らしいとは聞いていましたが、これもまたシステムが素晴らしいですね。
駆け引きもあるし、運とロジックの割合も良い。
2人でも面白かったのには驚きました。
買って良かったです。

ヴードゥ・プリンスは、クニツィア会心の一作でしょう。
最小限のルールで、多様な展開を描き出しています。
個人的にはトリックテイキングで遊びたければこれが良い、という作品だと思います。
納豆ネバ~。

テオティワカンは、本当に今風の作品といった感じ。
システムが本当に洗練されているように感じました。
モチーフを描き出そうと努力しているのを感じるのもまた、好感触でした。

キョンシーは、家族で楽しめたゲームであったこともたしかでしたが、システムとモチーフが最高に絡み合っていました。
子どものキョンシーが、寂しくて誰かと一緒にいたいから、迷い込んできた子供を捕まえて、自分の棺桶の中に連れ込もうとするんですよね。
そこだけでもう、物語を感じるじゃないですか。
あと、このシステムはどうやっても外れないですよね。
これぞアナログ。
本当に好きです。

カヴェルナは、本当に久しぶりに遊んだので、その思い入れもあるかもしれませんが、10位に入りました。
種族入って、さらに多様性が出たことにより、他人を気にするよりも自分の盤面しか見なくなりがちになるかなと思うのですが、その多様性はポジティブに受け止めています。
こういう種類のゲームによくある、「○○の種族がいるから、自分の選んだ△△の種族はすでに不利確定」みたいなことも少ないのかなあと。
程よいデザインで、良いと感じました。
ただ、これにより敷居はさらに高くなったことも事実で…。
必須の拡張とは思いません。
無印だけでも十分遊べると思います。
もうそろそろ得点シートがなくなるのですが、どこかで別売りしてないでしょうか…。


以上が、2018年のゲームを振り返った寸評でした。
それもこれも、一緒に遊んでくれた皆さんがいたからこそ。
本当に感謝です。
また来年も、よろしくお願いいたします。

12月8日、麺屋ボドゲ会(ミラホロ)へ行ってきました。

-------------------------
【パルサー2849】
銀河を巡りながら技術(特許)を獲得し、宇宙船団を拡張し、パルサーを産み出す星系にリングを設置し、万能のエネルギーを回収して最も繁栄したプレイヤーが勝利するゲームです。
評判が良い作品でしたので、やってみたいと思っていたゲームでした。
パルサー2849_1 (1)

パルサー2849_1 (2)

パルサー2849_1 (5)

パルサー2849_1 (6)
-------------------------
(感想)
噂通り、非常に面白かったです(・∀・)!
シンプルなのに、ムチャクチャ考えるアクションダイス取り、各部門がものすごく絡み合っていて、モチーフに合っていて、世界観を引き立てています。
そして、おそらく勝ち筋が多彩だというのが、初プレイでも伝わってきました。
惜しむらくは、要素がものすごく多いユーロ(これ、ユーロですよね?)なので、初見者や未経験者にとっては少し胃にもたれるかもしれないところです。
でも、そういった人たちも、楽しめるゲームだと思います。
すごく良いゲームです!
好み!

<2018年12月七戸ゲーム会in八戸>
七戸の会場が確保できなかったので、八戸の会場を確保してもらい、開催していただきました。
-------------------------
【汽車は進むよ】
ポーランド製のゲーム。
タイル全てがユニーク(絵が全部違う)。
ルール説明入れても40~50分で終わる、とても気軽にプレイできるゲームです。
汽車は進むよ2 (1)

汽車は進むよ2 (2)

-------------------------
【アクアスフィア】
もう、今年といったらこれですね。
アクアスフィア5 (2)

アクアスフィア5 (4)

アクアスフィア5 (3)

-------------------------
【パルサー2849】
自分以外初プレイでしたが、見事に3位。
しかも、最後の到着星系の数のボーナスで40点以上のリードをまくられて、2位から3位へ転落。
シビれましたね。
インスト者の鑑ですねー(遠い目)
パルサー2849_2 (1)

パルサー2849_2 (2)

-------------------------
【クク21】
最後に全員一緒に何かプレイしようということになり、プレイしました。
クク21_1

-------------------------
最後の最後に訪れた奇跡。
最後の生き残りを決める1対1の勝負で、二人のカードは、なんと同じカード!
「最小の数字カードを出したプレイヤーが脱落する」というルールなので…、二人とも脱落!
「生き残った者はいない」という事態に。
今年最後にふさわしい(?)結末でした。
クク21_1(2)
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!
2018-12-16 17.33.09


<青森ボードゲームクラブ例会48>
12月23日の青森ボードゲームクラブの例会に参加してきました。
-------------------------
【デモンワーカー】
とても面白そうでした。
デモンワーカー1

デモンワーカー1(2)

-------------------------
【まじかる☆ベーカリー】
良く分からないけど、楽しそう。
マジカルベーカリー1 (1)

マジカルベーカリー1 (2)

-------------------------
【カヴェルナ(忘れられた部族他拡張入り)】
カヴェルナに、色々な種族が登場し、個性が出ました。
それに合わせて、登場する種族によって、部屋も変化します。
カヴェルナ55(拡張入り) (1)
エルフでプレイしました。

-------------------------
森にそのまま作物を植えることができ、部屋も作れますが、山を切り開くことが苦手で、もの凄いコストがかかります。
カヴェルナ55(拡張入り) (2)

-------------------------
結果、最下位でしたー(つД`)
カヴェルナ55(拡張入り) (3)
-------------------------
(感想)
やっぱりカヴェルナ最高ですー!
今のところ、ワーカープレイスメントで一番好きです。

-------------------------
【アクアスフィア】
初手で間違えて、もの凄く苦労しました(^-^;)(笑)
アクアスフィア6 (1)

-------------------------
終了時。
3点差で2位でした。
タコのマイナスの差で負けました。
アクアスフィア6 (2)
中盤以降は上手くいったんだけどなあ。
-------------------------

この日は以上で退出しました。
みなさん、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いします(・∀・)!
abc2018-12-23 18.15.34

11月30日、麺屋ボドゲ会(ミラホロ)に参加してきました。

-------------------------
【テオティワカン】
古代メキシコのテオティワカン文明を舞台にしたゲームです。
下画像の、ボード外辺の四角のエリアがアクションエリアです。
ここで、資源を得たり、技術を拡張したり、ピラミッドを建設するなどして、一番名誉点を稼いだ人が勝利します。
ダイスがプレイヤーコマであり、ダイスの数字が年齢と強さを表しています。
強くなれば、アクションも強くなるのですが、6を超えると(6になればだっけ?)寿命を迎え死亡します。
そして、中盤左側のダイスの集まっているエリアに置かれます。
ここが「死者の国」を表現しています。
そして、あるアクションをすると、ここからダイスがまた1の目になって場に出てきます。
そうです。テオティワカン文明の人々が信じていた「輪廻転生」を表現しているのです!
素晴らしい。
テオティワカン1 (1)

-------------------------
赤のダイスが置かれている部分が、「死者の国」です。
テオティワカン1 (2)

-------------------------
ピラミッドが建ってきました。
終盤です。
テオティワカン1 (4)
-------------------------
(感想)
ロンデル的なアクション選択、ダイス目によるアクションの強弱、ピラミッド建設。
資源も足りない、キツキツな中でのプレイは、脳汁出まくりでした。
とても面白かったです。
1回だけなので、勝ち筋の多彩さなどは分かりませんが、何回もやりたいなと思いました。

-------------------------
【マルコポーロの旅路】
みんなが面白い面白いというので、興味が出てきて、まだ売っていたので買ってみました。
マルコポーロやその当時の偉人や有名人が、交易を行ったりしながら、ヴェネツィアから北京を目指すゲームです。
このゲームの特色は、各キャラクターの特殊能力が、「ゲーム壊れ(て)るんじゃないの?」というくらい強烈なことです。
北京を目指す(必ずしもそうなのではないのですが)ゲームなのに、「北京からスタートする」などという「特殊能力」があるのです(笑)
マルコポーロ1 (1)

-------------------------
このゲームも、ダイス配置ゲーです。
マルコポーロ1 (2)

-------------------------
…全然進んでないまま終わった…。
北京に辿り着けるの、これ…。
マルコポーロ1 (3)
-------------------------
(感想)
噂に違わないポテンシャルを感じたのですが、初回プレイだと勝手が分からないので、2回目からですね。
未だにどうやったら勝てるのか、皆目見当もつきません。
このゲーム、経験の差がそのまま出るゲームなんじゃないかと思います。
本当にそうなのかは分かりませんが…。
もう一回やりたいです。

この日は以上でお開きとなりました。
参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ