いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

3月25日に、青森ボードゲームクラブの第40回の例会が開催されました。
-------------------------
【ヴードゥープリンス】
私が最初にプレイしたのが、ヴードゥープリンスでした。
ヴードゥープリンス1

-------------------------
【金星の商人】
次にプレイしたのが、当時動画も観た影響でプレイ熱が上がっていた「金星の商人」でした。
短縮ルールでプレイしました。
金星の商人6
う~ん?
急いだせいなのかなんなのか、物足りない気が。
時間がかかっても、クラシックルールの方が面白い…?

-------------------------
【ブラッディ・イン】
続いて、ハルダカさん持ち込みの。
汚い、寂れた宿屋は、なんと人殺しの店主や使用人が運営していて、泊まりに来た人を「始末」し、その身ぐるみを剥いで成り立っていたのでした!
という感じの背景のゲームです。
殺してくれる忠実な「使用人」や、死体を埋めてくれて発覚を免れることができる「墓掘り人」などの協力を得ながら、プレイしていくゲームです。
ブラッディ・イン1
システムも面白いし、結構良いと感じたゲームなんですが、やはり題材がブラックというか。
こういうのを出しても笑って流しながらプレイできる心の置ける友人たちとプレイしないと気を悪くする人が出る可能性があるのではないかなあと。
少なくとも、初対面の人がいる卓で、嗜好も判らない中、「これ、面白いし、大好きなんですよね!」と言って出せる神経はありません(^-^;)
面白いけど、子どもとはまだプレイできないのが惜しいなあと思いました。

-------------------------
【ヴードゥープリンス】(2回目)
最後の方でもう一回ヴードゥープリンスをプレイしました。
ヴードゥプリンス2
いやあ、面白い。
クニツィア天才。
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。
またよろしくおねがいします!
abc2018-03-25


3月21日にミラホロ(麺屋ボドゲ会)へ行ってきました。
この日は体力がなく、エスノスをプレイしていただいたのみでした。

エスノス2

やっぱり良いゲーム。
面白いと言っていただけてありがたかったです。

2月の七戸ゲーム会です。

-------------------------
【江戸幕府の黄昏】
幕末~明治維新を、「トワイライト・ストラグル」のシステムで表現した傑作です。
江戸幕府の黄昏3
広げてちょっとやってみただけでしたw

-------------------------
【グレートウェスタントレイル】
アメリカを舞台に、カウボーイになって、牛を出荷したり、建物を建てたり、線路を拡張したりして、勝利点を稼いでいくゲームです。
グレートウェスタントレイル1 (1)

-------------------------
もう、1周した段階で脳汁出まくりでした。
これ、面白いー!
グレートウェスタントレイル1 (2)

-------------------------
むつさんの勝利でしたー。
グレートウェスタントレイル1 (3)

-------------------------
【エスノス】
架空の島の有力者になり、その島に根付いているエルフやミノタウロスなどの異種族やウィザードなどの助力を得ながら、勢力を拡大。
国ごとにマジョリティを判定して勝利点を得たりして、ドラゴンカードが3枚出たら、国々は滅ぼされ、1つの時代が終了。
3時代にまたがって、一番勝利点を稼いだ人が勝利します。
カードイラストは、「ロード・オブ・ザ・リング」のイラストで名高いジョン・ハウ氏です。
エスノス1 (1)

-------------------------
いやあ、これは。
噂に違わず面白い!
エスノス1 (2)
こんなに濃密さを感じるのに、ルール説明込みで1時間半くらいとは。
いやはや、最近のゲームの進歩ぶりには恐れ入ります。

-------------------------
【ロンドン第2版】 
ラベル貼りを終えたロンドン第2版にお付き合いいただきました。
ロンドン第2版
プレイしやすくなっているんだけど、前の版の方が脳にズシンと来た印象でした。
本当に、面白いゲームを創るというのは難しいんですね。

-------------------------
【キャピタルラックス】
最後に、キャピタルラックスをプレイしました。
自分の星系を豪華にしていくんですが、設備や建物などの「要素」は4種類あるんですが、自分の星系の「要素」と首都星系の「要素」の数を比べて、首都星系よりも「栄えている」と、没収されますw
なので、自分の星系を育てつつ、首都星系にも投資して栄えさせなければならないという…。
他プレイヤーと協同しながら首都星系を育てつつも、自分が重視していない「要素」はなるべく下げたいという、駆け引きが非常に熱いゲームです。
キャピタルラックス2 (1)
酷いよ、酷すぎるよ…。
こんな手札あり得ないよ…。

-------------------------
ルール量が「ちょうど良い」ゲームだと思います。
ルール量が多いと、「駆け引き」に集中できないから、これくらいが良い。
キャピタルラックス2 (2)
傑作だと思います。
-------------------------

この日は以上で終了となりました。
パパスさん、むつのひとさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ