いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

<麺屋ボドゲ会24>
 -------------------------
【ポンジ・スキーム】
人狼プレイヤーがいらっしゃいましたので、ポンジ・スキームを広げさせていただきました。
5人でプレイしました。
いやあ、良い意味で5人は訳が分からない(笑)
素晴らしい。
例えば、私が誰かをハメようとしたりとか、逆に誰かと協力関係を築いたとしたとしても、他に3人いる訳で、十分に対抗可能(もしくは作戦に支障が出る)。
時間がかかるけど、5人は素晴らしいですね。
ポンジ・スキーム3 (1)

-------------------------
2か月後に154ドルの支払い。
その翌月の3か月後に218ドル。
その翌月に196ドルの支払いとか無理。
この支払いを見ると絶望しかない。

でも、勝ちました(笑)
負けたと思ってました。
ポンジ・スキーム3 (2)
もう本当にね。
ツラい。
詐欺師なんてやるもんじゃないですね(小並感)

-------------------------
【カタン】
うぉるさん持参のやつで、拡張のイベントルールを入れてプレイしました。
前回ので勘どころを思い出したので、今回は負けないぞー。
カタン2 (1)

-------------------------
勝ちました。
拡張も面白いですね。
やっぱりカタン楽しいですね。
カタン2 (2)


<奥さんとWar of the Ring>
-------------------------
時間があったので、思い切ってWar of the Ringに誘いました。
ルール説明で半分寝かけていたので(毎日の育児、お疲れ様ですm(_ _;)m)、並べて2~3ターンやっただけで終わりましたが、ありがたかったです。
War_of_the_Ring3

<麺屋ボドゲ会25>
-------------------------
【テラフォーミングマーズ】
2回やったんでしょうかね(^-^;)
最下位と3位でした。
ドラフトゲームって、それだけで面白いし、七不思議とか操り人形とか面白いものがたくさんあるジャンルですが、その中でも群を抜いてると思います。
テラフォーミングマーズ2 (1)

テラフォーミングマーズ2 (2)

<友人宅飲み会>
-------------------------
【チャオチャオ】
友人宅での飲み会があったので、「飲み会でボドゲ持ち込むんだったらこれでしょ」ということで、持ち込みました。
結果。
予想以上にフィットしました(笑)
最高ですね!
チャオチャオ1
自分から見ても、自分のやることなすこと全てが怪しいので、逆に全部怪しく振舞う作戦で行き、場を混乱で支配しました。

-------------------------
【麻雀】
恒例。
最後に倍満あがられて、逆転されて2位でした。
麻雀5 (1)
麻雀最高!

<友人宅飲み会2>
-------------------------
【チャオチャオ】
別の友人宅での飲み会にも行ってきました。
友人からのリクエストで、そこにもチャオチャオを持ち込みました。
やっぱり最高ですね。
チャオチャオ2
-------------------------

とりあえずここまでで。
皆様、ありがとうございました(・∀・)!

昨年の書き残していたゲームのレポートです。

<青森ボードゲームクラブ例会36(10月)>
-------------------------
【エルドラド】
この日は午前中までの参加でしたので、初参加の方もいらっしゃったので、素早くできるエルドラドをプレイしました。
エルドラド6
暖房がつくのが11月からで館内が滅茶苦茶寒かったので、家からストーブ運んできました。

bc201710222


<麺屋麻雀会>
-------------------------
【ハーフパイントヒーローズ】
時間合わせでプレイしました。
トリック数を当てるというのが苦手な部類なんですが、面白かったです。
ガチガチにやると魅力半減するんだと思いました。
麺屋さんの雰囲気でワイワイやるのがゲームに合っていて、本当に最高でした。
あと、カードの人物がブンデスリーガのユニフォーム(似せたやつだけど、見る人が見れば分かる)を着ていたりしていたところが面白かったです。
ハーフパイントヒーローズ1

-------------------------
【麻雀】
結局3人麻雀やりました。
3人麻雀初めてやりましたが、これもバカゲーっぽくなって最高ですね。
麺屋麻雀4

<麺屋ボドゲ会へ行ってきた23>
-------------------------
すぐに帰る人がいたので、すぐにできるキングドミノをプレイしました。
あっさりしすぎてると感じなくもないけど、ビジュアルは良いし、面白いですよね。
あっさりしすぎているように感じますが。
やっぱねー、競りがないとねー(笑)
というわけで、どっちかっていうとおじさんはスカイアイランドだなあ。
キングドミノ2

-------------------------
【ラブレター:バットマン】
まだラベル貼ってませんでしたが、プレイしていただきました。
ありがとうございました。
ラブレターバットマン1 (1)

-------------------------
イラストが最高です。
ラブレターバットマン1 (2)

-------------------------
【キャピタルラックス】
クロさん持ち込みの。
何これ、面白い…。
帰って即ポチしました。
キャピタルラックス1

-------------------------
【フルーツジュース】
和訳ラベルを全て貼り終え、変態サイズのスリーブに合うスリーブを海外から取り寄せて。
プレイしました。
場に並んだサプライをそのままジップロックに入れれば続きができるというレガシーシステムです。
フリーゼの天才肌(自分はフリーゼこそ天才だと思っていますが)が存分に感じられるゲームです。
これとか「大統領になる方法」とかもそうですが、フリーゼの、一見悪趣味なパロディに見えるんだけど、その切り取り方が鋭いところ、好きです。
フルーツジュース1
-------------------------

10月は以上でした。
皆様、ありがとうございました(・∀・)!

まだ全部プレイ日記を書き切ってませんが、2017年にプレイした中でのゲームランキングです。
今年はそれほどプレイ出来てませんが…。

(殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン

-------------------------
1位:ガイアプロジェクト(殿堂入り)
2位:マンション・オブ・マッドネス第2版(殿堂入り)
3位:エルドラド
4位:ポンジ・スキーム
5位:チャオチャオ
6位:テラフォーミングマーズ
7位:スカイアイランド
8位:スターライトステージ
9位:マクドナルドクルー人生ゲーム
10位:ロレンツォ・イル・マニーフィコ

メセナもクトゥルフ・ウォーズもAbove and BelowもアンロックもCAPITAL LUXもGLUXもイムホテプも入りきりませんでした…。
頭の中で考えていた時は、昨日プレイしたキョンシーが2位だったんだけどなあw

ガイアプロジェクトは文句なし。
システムはテラミスティカなので、保証付きですが、テラミスティカは思ったよりも刺さりませんでした。
そんないたうが、ガイアプロジェクトは刺さりまくりました。
宇宙を舞台にして手番順が変わることになっただけなんだけど、それがすごく良いんです。
ボードゲームはシステムだけで決まる訳ではないんだなあというのを強烈に体感しました。

マンション・オブ・マッドネス第2版は、これは本当に最高。
アプリのおかげで一人でも楽しめますし。
TRPGやってるような濃密な時間を体験できます。
心に残るモノがある、本当に素晴らしいゲームです。

エルドラドは、デッキ構築に対してのクニツィア御大の華麗なアンサー。
ルール説明10分かからず、「スタート」と「ゴール」を設定してレースゲームにしたことで、順位や序盤、中盤、終盤かを可視化したことにより、初心者でも初回から楽しめるようにしたところは、まさにアンサー。
これも、ルールとモチーフの融合していたゲームでした。
こういうゲームはありそうでないです。

ポンジ・スキームは、刺さりました。
システム的には、プレイヤーに依存しているところもあるし、結局は「誰を脱落させるか」を協議して暗黙の内に合意していくゲームなのではないか、と感じるところもなくはないんですが、とにかく面白い。
この粗削りなところも含めて好きです。

チャオチャオは、友人との飲みの席でプレイしたんですが、飲みの席のゲームだったら、このゲームだな、と感じました。
ルールが簡単で、騙し騙されの盛り上がりどころもあるし、システムで嘘をつかなければならない展開があるところも、素晴らしい。
ランドルフ御大の素晴らしき人類遺産だと思います。

今年と言ったら、このゲーム。
テラフォーミングマーズでしょう。
とにかくTLがテラフォーミングマーズ一色でした。
プレイしても、やっぱり面白い。
でも、上から並べていったらこの順位でした。
これも、システムとモチーフの融合度合いが素晴らしいゲームだったと思います。

スカイアイランドは、とにかくシステムに唸らされたゲームでした。
相手の方まで確認しなければいけないのが難点でしたが、システムからして何度でも遊べると思うところも高評価でした。
スコッチやアイルランドモノに外れなし?

スターライトステージも、システムとモチーフが噛み合っていたゲームと感じました。
個人的に、宝石の煌きよりも断然こっち。
素晴らしい国産ゲーム。

マクドナルド人生ゲームも、刺さったゲームでした。
出世できるかどうかが1/2と、所詮は運ゲーで、システム的には鼻クソみたいなもんなんですが、面白かったんです。
人生ゲームでこれだけ面白いと思ったのは初めてでした。
やっぱりこれも、モチーフが良かったんでしょうか。
家族とプレイできたということも大きかったとは思いますが、子供と盛り上がるんだったら、これくらい運要素があった方が良いのかもしれません。
そういうことも認識できたという点でも画期的だったと思います。

ロレンツォ・イル・マニーフィコは、カードパワーも乱暴ですごく好みでした。
良いユーロだと思いました。
またやりたいです。


今年は本当に「システムとモチーフの噛み合わせ具合が重要」ということを認識させられた一年だったように思います。
今年もみなさんありがとうございました。
来年も、良いゲーム、良いセッションに出会えること、青森のボドゲシーンがもっと盛り上がることを願ってます。
よろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ