いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

10月8日の七戸ゲーム会と22日の麻雀会のレポートです。

<七戸ゲーム会>
-------------------------
【電力会社】
この前の麺屋さんでの敗北が悔しかったので、電力会社を。
いたうは青です。
初期の配置は下図のとおり。
電力会社16 (1)

-------------------------
この日は、ニュータイプってこんな感じ?ってくらいかなり隅々まで見えていました。
電力会社16 (2)

-------------------------
発電所の競りには気を付けました。
電力会社16 (3)

-------------------------
他のプレイヤーが意図的に遅らせていたので、いたうが逆に走ることにしました。
電力会社16 (4)

-------------------------
もう、ここら辺からは詰めろですよね。
苦しくも楽しい瞬間です。
電力会社16 (5)

-------------------------
終局図。
一人終了都市数をクリアし、勝利しました。
一度3つの発電所のうち2つしか稼働させずに資源を温存したのが最後に効きました。
電力会社16 (6)
電力会社はやっぱり最高です。

-------------------------
【アブルクセン】
アブルク王として、受けて立たねばなるまい。
アブルクセン10(1)

-------------------------
時間切れで1ラウンド残した状態での記録。
参考記録ってことで良いよね…(チラッ)?
アブルクセン10(2)
-------------------------

<麺屋麻雀会>
-------------------------
【麻雀】
麻雀楽しい。
麺屋マージャン4 (1)

-------------------------
出た。
小三元ドラ7w!
逃げずに勝負してきてくれたコスモスさんに感謝。
ありがとうございましたm(_ _;)m!
麺屋マージャン4 (3)
このまぐれの貯金のおかげで優勝しました。
ありがとうございました。
-------------------------

両日とも楽しかったです。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

10月の初めに、2日連続で麺屋さんへ行ってきました。

<麺屋ボドゲ会20>
-------------------------
【カタン】
カタンフリークのウォルさん持ち込みのGP版です。
私もカタンでボドゲ熱が再発したクチですが、本当に久しぶりでした。
初期配置ですが、いたうは青です。
「8」に行かずに「6」を重ねたのが敗着の全ての原因でした…。
カタン1
でも、やっぱり楽しい…。

-------------------------
【電力会社】
これも久しぶりの電力会社。
「電力会社にはボードゲームの面白さの全てが詰まっている」というのが私の墓碑銘候補です。
初期の配置終了時です。
電力会社15 (1)

-------------------------
ここからこう伸び。
黒が一気に画面右下から中央へ飛んだのが良いと思います。
電力会社15 (2)

-------------------------
ぶつかってきました。
私は青ですが、すでに出遅れを痛感し、敗北を覚悟しています。
電力会社15 (3)

-------------------------
結局最後が足りず、3位。
完敗でした。
悔いが残る試合。
ただ、改めて大事なことに気付かされた試合でもありました。
電力会社15 (4)


<麺屋ボドゲ会21>
-------------------------
【ポンジ・スキーム】

この回は、ボドゲ始めたばかりの女性などが参加していた回でした。
それにもかかわらず、いや、だからこそプレイしていただきました。
ポンジ・スキームを。

ポンジ・スキームとは、ポンジという詐欺師が実際に起こした巨大金融詐欺犯罪の手口のことです。
高配当を謳い、顧客から資金をかき集め、その資金を投資に回さず(回してる暇がなくなるw)に前の顧客の配当に充てるという、自転車操業そのものの手口です。

プレイヤーは全員詐欺師です。
株を買う宣言をしたならば、下の写真の3段ある列から、1枚カードを獲得し、大きな数字に書かれているお金をもらいます。
ただ、そのカードには、〇ターン後に返済しなければならない資金も書いています。
例えば、73金もらって、5ターン後に135金を返済しなければならない、などです(適当例)

返せなければ、破産して計画が露呈して逮捕。
そこでゲーム終了です。
残った(逃げ切った)プレイヤーの中で、一番株の点数が高い人が勝利します。
ポンジ・スキーム2 (1)
このままでは、絶対返せません。
じゃあ、どうやるかというと、手に入れた株を他プレイヤーへ売るのです。
株が勝利点ですから、手放したくはありませんが、お金がなければ脱落です。
他プレイヤーも、そのプレイヤーの懐具合を見て、高く吹っ掛けたり、少しの金でも欲しいので、安値を提示したりというシーンが繰り広げられます。
まさに、福本伸行作品のざわざわ…が繰り広げられる紳士のゲームなのです。

-------------------------
あちこちに響き渡る婦女子とおっさんの悲鳴とうめき声。
婦女子の声もだんだん低くなり、ドスが効いてきます。
他の人から「いたうさんが得意なゲームだと思います」と言われたポンジ・スキームですが、今回も勝たせていただきました(たしか)
ポンジ・スキーム2 (2)
悩むので時間がかかりますが、濃密で忘れることのできない思い出を残すゲームだと思います。
このゲームの、フェルドの対極を為すような「粗さ」が好きです。
-------------------------

今回はこのゲームのみで退出させていただきました。
お付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

貯まってきましたので、まとめて。
まとめきれないくらい遊んでいるということなので、幸せなことです。

<麺屋さんへ行ってきた17>
-------------------------
【ドスデマヨ】
麻雀会だったのですが、3人だったので、念のために持って行った「ドスデマヨ」をプレイしました。
1808年5月2日にマドリードで起こった、フランス(ナポレオン)の占領に反対する民衆蜂起を扱ったゲームです。(ドス(2日)デ・マヨ(May=5月))

赤いのが蜂起した民衆です。
青が、フランス軍です。
フランス軍(青)ははじめ、市外に駐屯しており、ここから中に入ってこなければなりません。
数は多いですが、指揮系統が混乱しているため2グループしか動かせません。
民衆(赤)は、数が少なく、移動で分離すると、再合流できません。
でも、すべてのグループを動かすことができます。
そして、フレーバーを盛り上げる特殊カードがあります。
ドス_デマヨ1 (1)
30分程度で終わりますが、とても小気味良い作品です。
雰囲気も抜群。
好きなゲームです。
-------------------------
【麻雀】
麺屋麻雀2

-------------------------

<ハッピーゲームズ青森さんへ行ってきた1>
-------------------------
【桜降る代に決闘を】
ハルダカさんとハッピーゲームズ青森へ行ってきました。
そして、「桜降る代に決闘を」をプレイしました。
昔、格ゲーが流行ってた時に、「こういうゲームが作りたいなー」と思っていたものが目の前に!
すごいなあ(^-^;)
面白かったです。
桜降る代に1
レベル高い!
-------------------------

<麺屋さんへ行ってきた18>
-------------------------
【麻雀】
いやあ、ダメダメでしたー。
みんな上手くてすごい!
特にびえいさんが上手くて、ほえ~って口開けてるしかできないw
とても勉強になります。
麺屋麻雀3 (1)

麺屋麻雀3 (2)
-------------------------



<麺屋さんへ行ってきた19>
-------------------------
【トワイライト・ストラグル】
この日は、私とコスモスさんの2人だけだったので、「トワイライト・ストラグル」日本語版をプレイしました。
TS1 (1)

-------------------------
ヨーロッパが赤化(共産主義化)寸前まで行きました…。
TS1 (2)

-------------------------
共産主義化して東西ドイツの統一が実現した瞬間です。
イタリア、フランスも赤化しています。
TS1 (3)
その分アメリカは、アジアで稼いではいるのですが…。
-------------------------
システムとモチーフの融合具合が素晴らしい。
やっぱり傑作です。

以上でした。
みなさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

このページのトップヘ