いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

4月15日に麺屋さんのボドゲ会に行ってきました。

-------------------------
【マンション・オブ・マッドネス第2版(シナリオ1)】
クトゥルフ好きの女性2人に触れていただきました。
私は神父でアシスト役。
シナリオも知っているので、なるべく発言しないようにして二人の判断に任せました。
MoM3
シナリオは、難なくクリアしました。
パズルも難しくなく。
アプリは女性には優しいのか(^-^;)?

かなり好評で、次はシナリオ2に挑戦することになりました。

-------------------------
【ビッグシティ】
残り時間でプレイできるもの、ということで、ビッグシティをプレイしました。
4人でした。
ビッグシティ5
軽さの中にしっかりとやり応えがある名作です。
もっと広まってほしいと思う一作です。
そろそろ新版とかで出ないかな。
-------------------------

以上でこの日は失礼しました。
大満足でした。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

4月8日と9日、青森市のラーメン屋麵屋さんのボドゲ会に行ってまいりました。

-------------------------
【コンプレット】
麵屋さんの店主さんのリクエストにより、コンプレットをプレイしていただきました。
私はインストと観戦です。
ルールの認識ミスから偶然生まれたけど、こっちの方が面白いと思った青森ルールで。
コンプレット9
皆さん、他のやろうと外から言わなければ、終わるまでやり続けていたんじゃないかと思うくらい連続でプレーされていました。
アオモリ・ヴァリアント面白いです。
お試し下さい。

-------------------------
【バトルライン】
途中で来店されたケダマさんと、バトルラインをプレイしました。
イマイチ面白さが判らないということでしたので、色々説明しながら。
そしたら、さすが。
吸収が早く、瞬く間にコツを覚え、いたう負けました。
バトルライン1
神ゲーです。

-------------------------
【犯人は踊る】
のぐちさんが持ち込んだこのゲームをプレイしました。
軽いけれど、ワイワイプレイ出来るゲームです。
犯人は踊る4
絵柄のセンスが最高。
頭の中に自然とストーリーが浮かび上がるし、良いゲームです。

-------------------------
【タイムボム】
爆弾処理班陣営とテロリスト陣営に分かれて爆弾処理を一定回数成功させられるかどうかを争う正体隠匿系のゲームです。
タイムボム1
面白かったです。
これくらいの軽い正体隠匿系が好き。

-------------------------
【イムホテプ】
石材を船に積み込むか、複数ある船着き場(それぞ異なった得点獲得ルールがある)に出港させるかを選ぶだけ。
1時間かからないで終わるのにしっかりと歯ごたえとやった感が味わえるイマドキのゲームです。
イムホテプ1
面白いし、やはり最近のゲームはしっかりと進化してますね。
昔のゲームだったら、同じくらいのやった感で2時間超えてましたよ…。
本当に良いゲームです。
値段も手ごろで素晴らしい。
これが日本語版で手に入る時代になったというのも、素晴らしい。
-------------------------
以上で麵屋ボドゲ会から退出しました。
皆さん、ありがとうございました!

帰宅して寝た後、昼くらいに娘の方から「ボードゲームやりたい」と申し出がありました。
娘、素晴らしい(・∀・)!
-------------------------
【ストーンエイジジュニア】
数日前に届いたこのゲームが気になって仕方がなかった様子。
下の画像上側のタイルを引いて、その数字分コマを移動するか、シンボルのマスまで飛び、そこに資源があったら獲得します。
そして、資源が貯まって村マスへたどり着いたら、ボードの(下の画像で)右上の3つの家に示された資源を払って家を建てることができます。
そして、家3軒を最初に建てたプレイヤーが勝利します。
ストーンエイジジュニア1 (1)

ストーンエイジジュニア1 (2)


ストーンエイジジュニア1 (3)
まだ娘は数字分コマを進める作法(今いるマスを「1」に数えてしまう)も理解していない状態ですが、楽しめた様子。
資源を集めて家を建てるというのは、それだけで楽しいですよね。
1勝1敗でした。
-------------------------
この日は以上でした。
娘よ、ありがとう!
また遊んでください。

この日は4人で。
手に入れてからゆうに7年は経っているでしょうか…。
レーベンヘルツ新版を、やっとプレイすることができました。
感無量です(つД`)

-------------------------
【レーベンヘルツ新版】

白がこむらさん、青がいたう、オレンジがナガイさん、赤がサクラさんでした。
囲んで領土にしやすい隅をとりたいけど、中央の城も捨てがたい…、などと悩みながらの初期配置でした。
レーベンヘルツ1 (1)
今見返してみると、すげえバチバチやってますね。

-------------------------
これが手札のアクションカード。
売ると、右上のお金がもらえます。
プレイするには、左上のコストを支払います。
真ん中の記号(色)が、選択できるアクションです。
複数あるのは、どちらかのアクションをプレイできます。
レーベンヘルツ1 (2)

-------------------------
いたうに挟まれた左辺を最小で囲んだこむらさん(白)。
後になって、これがあながち悪い手でもないと理解した頃には、かなりやられました。
いたう(青)は、広い領土を獲ろうと欲張っています。
その間で上手い立ち回りを見せるナガイさん(オレンジ)とサクラさん(赤)でした。
お互いが誰かと領土を接し、確実に衝突の圧力は高まっています。
そもそもからして、誰が建てた国境でも、自分の国境としても活用できるので、自然と「寄っていき」ます。
上手いこと考えたもんだよなあー。
レーベンヘルツ1 (3)
そしてこのゲーム。
常に金が足りない。
見事に最後まで一貫して金が足りませんでした。

-------------------------
このように、領土を確定したエリア(国)は、領土を押していくことができるのです。
周りが領土を囲んで確定していないのをいいことに、領土を拡張しまくっていったのです。
見事でした。
レーベンヘルツ1 (4)

-------------------------
最終的には、これくらいにまで拡張することに成功したのです。
しかも騎士が3つあるので、上のいたう(青)の領土が確定しても、白の領土拡張を止めることができません。
強いものが領土を決めるのです。
強いものが、土地に線を引くのです(つД`)
レーベンヘルツ1 (6)

-------------------------
こうなったら、弱い者(いたう(青))には、3つの戦略しかありません。
屈服するか、
攻めてこられないくらいにまで強くなるか(軍備にコストを集中するか)、
より弱い相手の土地を切り取るか無人の野を開拓して行くか、
です。
いたうは、後者2つを選択しました。
下から押し上げてくるこむらさん(白)に押し出されるままに、東へ進んでいきます。
まるでゲルマンに押し出されてなだれ込んできたライン川沿いのガリア人のようです…。
レーベンヘルツ1 (7)

-------------------------
いたうは最後、右側の領土を確定させようと領土敷設のカードを集めますが。
やはり独力では無理がありました…。
レーベンヘルツ1 (5)

-------------------------
ゲーム終了時の世界分布です。
いたうの右側のコマは、広く狙いすぎて、領土を確定できませんでした。
この一つの遊兵が個人的には痛かったです。
1位は、3つの根拠地を全て領土を確定させて激戦地で上手いことさばいたサクラさん(赤)、
2位は、中央の城を確保するなど、効率的に稼いだナガイさん(オレンジ)、
3位にいたう(青)、
4位は1つの領土拡張に注力せざるを得なかったこむらさん(白)でした。
レーベンヘルツ1 (8)
カードが無くなった後の処理で間違いが判明して、ルール通りにやればいたうが勝ってたかもしれないけど…(遠吠え)
-------------------------
(感想)
脳みそはメチャクチャ疲れたけど、面白かったです。
カードを売るのか(金は手に入るけど、そのカードは市場に並ぶ)、プレイするのか(金がかかる。国境を建てても相手が得をするかもしれない)など、ジレンマと手の損得計算が常に付きまといます。
プレイ時間も、まあ、許容範囲だと思います。
領土を切り取られるというこの自分の肉が切り取られる感覚を何とか消化できる人は、そんなに多くないと思うので、誰が来ても広げられる、というものではありませんが、そこら辺が日常茶飯事な人たち(ウォーゲーマーなど)ならば、大好物だと思います。
初期配置の城の置き方は、やっぱりカタン置きの方が良いとは思うんだけど(もしくは、3人専用の置き方、4人用の置き方など)、ダメだったのかなあ(´・ω・`)?
これは良いゲームでした。

-------------------------
【フォーセール】
頭が疲れてしまっていたので、最後にはおなじみのゲームの中から、フォーセールをプレイしました。
なんと、ナガイさんは未プレイでした。
フォーセール5 (1)

-------------------------
何か、途中で「これでは勝てないオーラ」が。
もちろん、そんなことはないんですが、獲らされてる感を感じる時は、上手くいってない時なんですよね…。
フォーセール5 (2)
この回は、他3人のつばぜり合いをうまいことかいくぐり、ナガイさんが勝利しました。
おめでとうございます!
-------------------------

以上でこの日はお開きとなりました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ