------------------------------------------------
権田5.0…キャッチで一度ミスしたけど、守から攻への切り替えの判断はやはり素晴らしいですね。
昔の川口みたい。
ポジショニングの良さは代表の中で1,2を争いますよね。

------------------------------------------------
酒井宏樹5.5…守備じの動きがとても改善してます。ドイツでの試合のクオリティを出せています。
トイメンとの距離感、詰める時と待つ時の判断、相手の角度の切り方、スライディングの深さと正当さ(絶対に相手に怪我をさせないスライディング)、どれも「ミス」と呼べるものはありませんでした。
ただ、そこから攻撃に入った時の動きは、もうちょっと何とかできると思います。
でもそれは酒井だけの問題ではないのですが。

------------------------------------------------
吉田5.0…良いですね。前半は頭フル回転で周りの選手との距離感を正常化しようという意図でポジションを取っていました。
1対1でもセットプレイでも一切慌てたり浮き足立ったりせず。

------------------------------------------------
槙野4.5…前半7分の守備はダメ。本番ではあれだけで1点モノ。
前半に攻撃が右偏重だったのも、槙野のポジショニングと展開力に問題があったと感じました。
自分がボールを持った時に、藤春と蛍、武藤にどこにいて欲しいかというのを、自分でデザインしていかないと。
もう新人ではないし、日本を代表するチームのリーダーにしては物足りなく、ちょっと残念に思いました。

------------------------------------------------
藤春5.0…良いですよ。守備時のマークと槙野や吉田のカバーリングも、良かったですし、回数こそ少なかったものの、攻めあがった時も、何かやってくれそうなものを感じさせましたし。
継続してやっていけば、これはものになる予感。
長友の壁は高いですが、長友も継続してプレイできる保証もないので、チャンスは間違いなくあると思います。

------------------------------------------------
長谷部5.0…アギーレ時代と同じようなアンカーを担っていましたが、隣がアンカーの癖が抜けない蛍で、遠藤や香川がいない現状では、展開力を問われましたが、そこは正直物足りなかったです。
守備から攻撃時への変わり時も、少し下がりすぎ。
ただ、使われ方からすると、監督から気に入られていて、軸と考えられているように感じました。

------------------------------------------------
山口蛍5.0…やはり現状できちんとした守備ができる数少ない選手だなと思いました。
ただ、それだけだと今の時代だとやはりキツい。
展開力かミドルや飛び込みなど、そういった能力も求められると思います。
スケール大きいしやれる選手だと思うので、ビビらず遠慮せずにやって欲しいと思います。
自分に勝手に「枠」を作らずに、小さくまとまらないことが大事だと思います。
後半22分のパスは見事。
これくらいのこと出来る選手なんですよ。
「パサーとかアンカーとか仕事場を決めるのはくだらない」と言うような選手になってほしいと思っています。

------------------------------------------------
清武4.5…キックは正確だし多彩なので、そこは良い。
ただ、長谷部、武藤、川又との距離感で疑問に思うシーンが何回かありました。
攻撃を活性化出来たとは言えず、ミドルや飛び込みもほとんどなく。
本当に残念なんだけど、相変わらずだなあという印象にとどまりました。

------------------------------------------------
永井4,5…「速さ」を攻撃だけじゃなくて、守備でも使い切って流れを変えようとしていました。
ただ。
やはりそれだけだとやはり行き詰る。
ゴールから逆算して周りの位置取りを決めさせるような動き方に取り組んで欲しいなあと。
小林悠のような。

------------------------------------------------
武藤5.0…前半はボールがほとんど来なかったし、川又とカブりまくりで苦労していましたが、前半の終わり頃には距離感を正常化させて「自分の活躍するスペースとタイミング」を作り出していたのは、さすがにサッカー高いなと。
守備に関しても、右サイドに関しては穴はありませんでしたし。
良い選手です。
怪我だけはしないで欲しい選手です。

------------------------------------------------
川又5.5…前半のMOM。
前半ゲームメイクというか、チームのギアを上げ下げしていたのは彼です。
チャンスというチャンスのほとんどが彼が触ってからのもの。
素晴らしいですね。

------------------------------------------------
香川6.0…後半のMOM。
もう、ジダンとまでは言わないけど、舞台の中央でワルツを踊っていましたよね。
もう単独のトップ下でも孤立もしていないしゲームも創っていた。
そういう意味で言えば、初めての試合であったと思います。
2得点に決定的に絡んでいましたし。
宇佐美へのパスも最高。
これぞ日本の10番。
これからの10番像に一つの答えを示した最初の試合になるかもしれません。

------------------------------------------------
本田5.0…アギーレ時代はサイドで「タメ」を作ることを実行し、ハリルホジッチになったら縦への速さと推進を狙っていて。
そういう観点では誰よりも素直で忠実ですよね。


------------------------------------------------
宇佐美5.0…周囲の熟練した連携に置いてきぼりを食らっていたような印象でなかなかボールは来ませんでしたが、腐ったりイライラしなかったこと、そして数少ないプレイで判断ミスやプレイミスがゼロだったことは大いに評価したいと思います。
香川からのボールが来ることを信じて走ったシーンは、素晴らしかったです。

------------------------------------------------
岡崎5.5…千両役者。
前半の出来から「…川又クル?」と思わせておいて、リズムを作るんだけど、「動きすぎずに」我慢して点を獲る。
代表の舞台で我慢できる選手って、なかなかいないですよ。
素晴らしいですね。

------------------------------------------------
今野5.0…今ちゃんはやはりここですよね。
器用でどこでも出来るからどこでも使われるけど。
っていうか、やはり本職じゃないセンターバックでW杯までレギュラー張ってたんだから、やはり凄いですよ。

------------------------------------------------
内田5.0…後半40分の最初のプレイで、一気にギアを上げた状態から体をひねらずに足の角度だけであれだけのクロスを上げたことに度肝を抜かされました。
やっぱり、身体能力は代表でNO.1ですよね。
素晴らしいです。

------------------------------------------------

コンセプトは縦へ速く。
というか、極端に言えば、中央はオマケ程度で「走りつづける壁」がいれば良くて、サイドで勝負したり縦へ切れ込んで相手守備陣の視界をサイドへ寄せておいて中か逆サイドで勝負。
いうなれば、韓国とか、ヒディンク時代(日韓W杯の韓国、06W杯のオーストラリア、10年W杯のロシア)のサッカーですよね。
これで良いと思います。
これをやったとして、日本が韓国になることはありません。
それよりも、韓国の強みが消え、日本の長所がより引き立つと思います。
ただ、上記のサッカーと比べての一番の相違点は、文字通り「柱」になるトップがいないことだけ。
でも、そこをスピードに転換して造くっていくというのも、間違いじゃないと思います。
シェフチェンコ時代のウクライナやFトーレスがトップでやっていたスペインみたいなチームにすれば良いだけですから。
サイドでゲームを勝負する、創るというのは、現代サッカーの基本中の基本。
今までがおかしかっただけで、これが「世界標準」といえば、世界標準。
これで良いと思います。

あともう一つは、この監督は、ザッケローニやジーコやオシムのように、同じ選手を使い続けて成熟を待つ、選手任せにする、ファミリーを大事にする監督というよりは、その真逆で自分のコンセプトを植えつけた選手(手札)をとにかく多く持って、試合や大会に合わせて組み合わせていく監督なんだと思います。
なので、この先発も2試合を通した中(180分)でのコーディネートを行っているんだと思います。
これも、これで良いと思います。
というか、これをやって欲しかったんです。

ということで、一つ安心しました。

この監督が、他のオファーを蹴って日本に来たというのは、色々な推測がありますが、いたうが思う理由は、トルシエ時代から積み重ねてきた、「日本はコロコロ監督を変えずに辛抱強くやらせてくれる」という評価というか評判に心惹かれたからじゃないのかなあと勝手に考えています。
だとすれば、ハリルホジッチが日本に来たのは、それはそれで日本の取り組みの勝利、とは言えないでしょうか。
いたうは一人でそう考えています。

【2015年観戦記録】
41試合目:日本vsマカオ(リオ五輪アジア一次予選)
42試合目:日本vsチュニジア