------------------------------------------------
【川島】5.0…ほとんど危なげなかったですね。
ただ、今回はポジショニングに迷っていたシーンはなかったんじゃないかなと思います。
ただ、他の2人のGKも見てみないと、誰が正GKなのかは決めかねますが。
ただ、権田と川島を選んだということは、今のところの序列はそういうことなのでしょう。

------------------------------------------------
【内田】5.0…細かいミスはありましたが、彼が1対1でも全く苦にしないで対応できていたために、本田のカバーの回数は本当に少なくて済んでいました。
今回は上がりはそう多くはありませんでしたが、これは内田のマイナス点ではなく、「前が足りていた」ためであるといたうは認識しています。
SBが絡むためにリスクを犯して上がる必要がなく、フィニッシュまで持っていけていた。
なので内田の消耗も少なくて済むので内田のところで相手の攻撃が止まる。
好循環でした。

------------------------------------------------
【昌子】5.5…待ちに待った初キャップ。
本当に待ちましたよ!
今日は裏を狙われたり入れ替わられたり、前後でボールを持たれたり顔を出されたりと、良いように誘われていましたが、何とかこなせていました。
また、「前で」ディフェンスしようとしていたことを大いに評価したいと思います。
闘莉王のように、3m前へダッシュしてヘディングを競り合っていましたし。
他のDFの入りたての頃のように、とりあえずジリジリ無意味に下がって守備をしたフリ、みたいな意識は皆無でした。
彼を見ているをと気付かされますが、DFにも「牙」が必要なんです。
そのことを改めて思い知らされました。
拍手。
「前」でDFできる分、慣れてくれば吉田の代わりも務まるかも。
後半の終盤には、水本の後ろをカバーしだしてから、水本が下がらないで前で踏ん張れるようになっていましたし。
初キャップにしては上出来も上出来でしょう。

------------------------------------------------
【森重】5.5…かなり気持ち入れて集中していたように思います。
この相手には負けられないという気持ちを背負って戦ってくれていたように感じました。
頼もしいです。
何も心配なことはありませんでした。

------------------------------------------------
【酒井高徳】6.0…前半ノーミス。
素晴らしいです。
乾の裏もボランチの脇も完璧に埋めていたと思います。
左の時は使われていましたが、ウズベキスタンは時間が経つにつれ、酒井高徳の方からではなく、逆サイドからの攻めに偏っていきました。
こういうのは、SBやってると「あるある」なんですが、密かに心の中でガッツポーズをするんですよね(笑)

------------------------------------------------
【今野】7.5…素晴らしい。
MOMにしたかった。
今野の絶妙な位置取りで、自分のみならず、DFライン、そして他の中盤の選手の位置が矯正されてとても的確な感覚でプレイできていました。
だから面白いようにプレスが決まってボールを奪えたし、相手もボールを進めることができないでいました。
細かい散らしもニクくて効いていました。
これは他のセンターの選手にとってもの凄い脅威だと思います。

------------------------------------------------
【青山】7.0…素晴らしいですね。
ダイレクトボレーであれは凄すぎます。
前半だけで5~6回と、チームで一番ファウルしていましたが(多分両チームで一番)、これが良かったと思います。
気持ちが出ていた証拠ですし、それが空回りしていなかった。
ミドルの得点が素晴らしかったのはもちろん、今野との相性も素晴らしかった。
今野が止めて奪って散らして、青山が長いパスを出して。
青山が長くて正確なパスを出せるから、本田は外に張ったままで良かったですし。
そのことによって相手のDFが引き伸ばされて。
目に見えない効果は大きなものがありました。
本来は長谷部がこういった長距離のパスを駆使していかなければならないんですが、その回数はめっきり減っていました。
しかも、長距離でも「低空」のパスが多いのに対し、青山のパスは上から裏に落とすような、相手にとって本当に嫌らしいパスを繰り返して相手を自陣ゴールに向かって走らせていました。
長谷部と柴崎は、今日の青山のプレイに危機感を持って貰いたいです。

------------------------------------------------
【香川】5.5…今回の香川がトップ下で躍動できた(孤立しなかった)のは、乾のおかげだったとおもいます。
香川がボールを持つとサイドに流れつつも、必ず生きたパスコースを作っていてくれました。
そして裏へと抜け出す。
セレッソ時代からの呼吸を十分に活かしていました。

------------------------------------------------
【本田】5.0…今日の試合では香川、乾、岡崎以上には相手に脅威を与えられていませんでした。
相変わらず貢献度は高いですが。
ただ、前任2人の監督の時代よりは、「アンタッチャブル」ではなくなって来ているように思います。
今日の出来を上回れなければ、「代え」は効くと思います。

------------------------------------------------
【乾】6.5…驚かれるかもしれませんが、いたうが監督なら、代えの効かない選手ですね。
開き具合からポジショニングから持つテンポ、離すタイミング、全てに意図が感じられ、その意図は全面的に支持できるものでした。
皮肉なことかもしれませんが、ザッケローニが当時の香川に求めた選手が、今の乾だと思います。
守備も良い。
「アリバイ作り」の守備じゃない。
本田が中に入ってきても、岡崎が下がってきても、全てバランスを保つように動いて、破綻させませんし、チャンスを広げていました。
録画した人がいたら、一回乾だけを観ていただければ伝わると思います。
本当にすごいです。

------------------------------------------------
【岡崎】8.0…MOM。
この出来では文句なしでしょう。
ウズベキスタンには本当に相性が良いですよね。
ウズベキスタンにとって、日本のケーヒルのような存在。
嫌なことこの上ないと思います。
守備時やDFがボールを持った時は香川とフラットに並び、香川の負担をケアし、川島からのキックの時には下がってポスト役を引き受けて。
香川、乾、本田と被ることもなく流れを止めることもなく。
敢えて触らずに柴崎に得点をあげたのも役者です。

------------------------------------------------
【太田】5.0…タスクをシンプルに認識して、それをこなすことに専念していました。
正解だと思います。
「オシャレ」な選手が多いから、こういうシンプルな選手がいるともの凄く効くんですよね。

------------------------------------------------
【水本】4.5…酷だけど、今野がいかに様々なものをチームにもたらしていったかを感じさせる言わば引き立て役のようになってしまっていました。
昔の細貝と同じで、「下がりすぎ」なんです。
マーク(チェック)すべき相手選手との距離も遠すぎました。
下がりすぎてDFラインに吸収されちゃって、中盤がスカスカになってしまってそこを相手に使われ放題にされてしまっていました。
だから本田もSBをカバーするために走り回らされる羽目になっていましたし、全体のラインもずるずる下がったまま、上げられなくなってしまいました。
前半と本当に対照的です。
彼の持ち味を出すのは、「このポジション」ではないと思います。
水本をこのポジションで使うよりは、もっと的確な選手がたくさんいると思います。

------------------------------------------------
【宇佐美】6.0…これぐらい出来ることは知っていましたが、超上手い!
得点は見事だし、相手は対応できていませんでした。
でもなあ…。
やはり守備が穴だから、宇佐美を入れるとなると、香川か岡崎を外さないとダメになるんじゃないかなあ…。

------------------------------------------------
【柴崎】5.0…柴崎を使うなら、2列目(よりも前)ですよね。
守備に難があるところをこのわずかの時間で把握したというところに、監督の凄さを感じます。
でもやはり、トップ下にしても、今日の出来だったら清武の方が序列としては上だと思います。
柴崎を先発で使わず、途中投入にしても守備の負担の少ない2列目で、「拾い役」だった。

------------------------------------------------
【大迫】5.0…大迫にも15分はプレイさせるところが監督の凄さだなあと思います。
大迫器用だし強いので、ここで使うのは、間違いなく良いですよね。
本田がそうだけど、みんな連動しているうちにズレていって、この位置の選手がトップにいることが多いので。

------------------------------------------------
【川又】5.0…初得点おめでとう!
頑張って欲しい。
間違いなく「グループ」に入っているし、入れるべき選手だと思います。

------------------------------------------------
【ハリルホジッチ】10.0…浮かれている訳ではありませんが、この2試合でかなりチームを若返らせ、活性化させつつ求められた結果以上のものを出した以上、この点数を付けない訳にはいきません。
求めていたものを全部やってもらった気がします。
日本に来てくれてありがとう。

------------------------------------------------

召集したフィールドプレイヤー全員を使いながら、アジアでのライバル、ウズベキスタンに快勝。
これは間違いなく評価できます。
しかも、コンパクトでプレスが効き、縦に速いにもかかわらず連動した攻撃が出来ていて。
しかも、本田のプレースキッカーのいわば「特権」をこの試合に限っても取り上げるなど、崩壊を恐れずに大ナタを振るいながら。
わずか2試合目でですよ。
いやあ。
素晴らしい。
試合後の円陣を観て、選手の心を掴んだと、確信しました。


【2015年観戦記録】
44試合目:日本vsウズベキスタン