8月11~12日、休みがあったパパスさんとハラさんが遠くからいらっしゃって、ゲーム会を開くことができました。
ハラさんには泊っていただき、翌日バックギャモンをマンツーマンで指導していただきました。

-------------------------
【PASEO】
国産同人ゲームで、コマやタイル全てが陶器で出来ているという見た目もプレイ感も高級なゲームです。
PASEO1

-------------------------
【King's Valley】
これも同じ作者の昔のゲームです。
ボードが陶器製です。
King's Valley1

-------------------------
【エルドラド】
パパスさんが到着され、ここからエルドラドをプレイしました。
やっぱりこのゲームは面白いです。
エルドラド4

-------------------------
【ナショナルエコノミー・メセナ】
次はナショナルエコノミー・メセナをプレイしました。
2か月前のプレイなので、詳細は忘れましたが、苦しかった記憶だけは残っていますw
それくらい苦しかったのでしょうw
ナショナルエコノミーメセナ3

-------------------------
【フードチェーン・マグネイト】
今日の本命がこの「フードチェーン・マグネイト」です。
ファーストフードチェーンの経営者となり、店員や幹部候補生を雇い、彼(彼女)たちを教育して各種の専門家へを成長させていくとともに、ピザやハンバーガーを作り、サイダーやレモネードなどを仕入れ、配達員を雇い、道路沿いに看板を立てたり飛行機広告やラジオを使って広告を打って、需要を高めて売りまくります。
最終的に一番お金を持っている人が勝者となります。
フードチェーンマグニート1 (1)

-------------------------
これが今回の町です。
移動できないエリア(道路)があるなど、最初の場所決めで致命的になるところでした…。
おっかない町です。
フードチェーンマグニート1 (2)

-------------------------
ルールミスかなんかでやり直した盤面です(^-^;)ショウガナイ
チェーン店が建ちました。
これから勝負です。
フードチェーンマグニート1 (3)

-------------------------
彼(彼女)たちが我がチェーン店のクルーです。
横になっているのは、このターンは仕事ができないということだと思います。
マネージャー(管理職)がいないと、仕事に携われる人数が少ないため、多くを雇っていても業務に就けません。
管理職の拡充が、これほど重要だということを教えてくれるゲームは、珍しいと思います。
フードチェーンマグニート1 (5)

-------------------------
終了時の盤面です。
右側にあるカードは、ある特定の条件を早く達成すると獲得できる能力などです。
この恩恵がバカにできません。
フードチェーンマグニート1 (6)
(感想)
スタッフの雇用やマネジメント、店舗の場所選択、ニーズを読んで(作って)、その商品の需要を見込んで製造するなど、ファーストフードチェーン経営をリアルに感じました。
その分、システムもある程度難しく、盤面の色合いと相まって、一昔前のアバロンヒルのゲームをやっているかのような印象を受けました。
いたうはアバロンヒルのゲームが好きなんで楽しかったですが、今のゲームで育った人には、それが野暮ったいというか、鈍重な感じを受ける人がいるかもしれません。
ルールは重いし、プレイ時間もかかるのは間違いない。
でも、かなり楽しい時間を過ごすことができました。

-------------------------
【ジャンプドライブ】
パパスさんが帰る前に、最後にジャンプドライブをプレイしました。
展開が派手です。
「サーヴェイ・チーム」の使い方がイマイチ良く分かりません(´・ω・`)
ジャンプドライブ2
-------------------------

<麺屋ボドゲ会>
-------------------------
【エルドラド】
ハラさんと麺屋さんへ行き、エルドラドをプレイしました。
負けました(爽やか)
エルドラド5

-------------------------
【レジスタンス:アヴァロン】
7人だったかな?
面白かったですねー。
何回やったんだろうか。
永遠にできそうなくらい、楽しかったですねー。
レジスタンスアヴァロン1
本当に最高の時間でした。

-------------------------
【ブラッド・バウンド】
これもシステムが素晴らしい。
インストが大変なんですけども。
ブラッドバウンド3
楽しかったです。
-------------------------

この日は以上で退出しました。
皆様、本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!