8月15日。
忙しい日常。
楽しみのないこんなポイズンな世の中。
そんな世の中にあって、貴重な休みであるお盆休みの午後に、集まってせめてボドゲをやろうと、集まりました。
弘前に。
そんな愛すべきボドゲ野郎たちの物語です。

-------------------------
【スターライトステージ】
プレイヤーは、弱小プロダクションのプロデューサー。
事務所には、新人である、芸能界の卵しかいません。
でも。
「卵」だからこそ、何者にでもなりうるのです…。

プレイヤーは、手番で「歌唱力」、「演技力」、「ビジュアル」のチップを集めたり、「仕事」を持ってきたり(各種のポイントを獲得できる)して新人に経験を積ませるなどして、シンガーだったり、女優だったり、総合スターに成長させていくのです。
スターライトステージ1 (1)

-------------------------
終了時の「いたう事務所」の所属タレント。
もっとどうにかしてあげたかったという思いも浮かぶけど、何だか思い入れが入って、嫌いになんて慣れない自分がいたりします。
スターライトステージ1 (2)
-------------------------
(感想)
やってみた感想は、宝石の煌きに近い印象を受けました。
奥深さでは、「煌き」に分があるとは思いますが、システムとモチーフ(世界観)の噛み合い具合は、こっちの方が上のように感じました。
アイドルモノに興味のなかったいたうでも、アイドルが成長していくにつれ、思い入れが入ってきて、グッと来てました。
「とうとうここまで来たね…(感慨)」だったり、
「こんな仕事をやらせてしまってごめんね…」、「こんな仕事しか持ってこれなくてごめんね…」
などと勝手に思ったり。
キモイ…。
でも、何故か忘れられないゲームです。

-------------------------
【コンコルディア:ガリア】
多分、ガリアマップです。
コンコルディア22 (1)

-------------------------
やっぱり面白い。
4位だったかな?
コンコルディア22 (2)
-------------------------
(感想)
やっぱり面白いです。
特にコンコルディアをプレイしていて、好きじゃない苦しさにもかかわらず、何故面白いと感じてしまうのか、といったことを考えてきたんですが、ゲルツ氏のインタビュー記事を読んで、今これを書いている時に、この画像を見た時に分かったような気がしました。
「ほとんど全てが盤面に見えている」からなんだと。
ほぼ全てが盤面に見えているにもかかわらず、さらに選択肢は2~3つくらいにもかかわらず、ソリティアにもなっていないし、将棋や囲碁のようなアブストラクトにもなっていない。
これって、本当は凄いことなんじゃないかと。
凄いというか、偉大なことなんじゃないのかなあと。
そういうところに思い至りました。

ゲルツさん、あんたは凄い。
ありがとう。

-------------------------
【ラブレター】
最高に盛り上がったラブレターでした。
このまま一生やっていたいくらい。
本当に素晴らしいメンツに出会えて、感謝しかないです。
ラブレター1

-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!