11月24日の青森ゲーマーズネストの例会(七戸ゲーム会)に参加しました。

-------------------------
【Hammer of the Scots】(Columbia Games)
パパスさんに、「積み木ゲーム」(積み木を立ててプレイすることで、「戦場の霧」を表現しており、相手からはどの兵か分からないままプレイするゲーム)の名作「Hammer of the Scots」をプレイさせていただきました。
映画「ブレイブ・ハート」で有名なウィリアム・ウォレスのスコットランドの反乱が舞台です。
いたうが青のスコットランド側を担当しました。
HoS1 (1)
上図の三角形の印が、兵力(0になると全滅)。右下の英記号が攻撃順(Aが最速)。左下の数字が戦闘力(6面ダイスを振ってその数字以下が出ると命中する)です。

-------------------------
開始直後。
下画像の手前側が北(スコットランド側)になります。
ご覧のとおり、スコットランド側は一枚岩ではなく、半信半疑のため未だにイングランド側についている勢力が多いのです。
HoS1 (2)

-------------------------
スコットランド側は、2正面作戦を避けるべく、まずは北方勢力を「説得」していきました。
HoS1 (3)

-------------------------
序盤のヤマ。
中部での会戦。
ここで、ウィリアム・ウォレスが姿を現しました。
ウィリアム・ウォレスは強いのですが、「(無傷で)いるということが最大の抑止力」だと思うので、投入して万が一兵力を減らしてしまえば、そこから相手は怒涛のように攻めてくるでしょう。
リスキーではありましたが、中部でウォレスに注意を払ってもらい、その間に北方を平定しようという考えでありました。
HoS1 (4)

-------------------------
次のターンも、後ろを囲まれるのを恐れずに、逆に北への圧力を減らすために、わざと攻め込んだりしました。
ここを突破されれば、がら空きの南に注意を払ってもらうためです。
HoS1 (5)

-------------------------
6ターン時に、やっと北方を統一しました。
これで、何とか南に集中できます。
HoS1 (6)

-------------------------
ここからパパス・イングランドが怒涛の攻め。
減っても次のターンにはMAXで戻ってくる民兵や騎士団を前面に出し、すり潰しに来ました。
これが一番辛い…。
HoS1 (7)
スコットランド側は、無為に兵力を減らす訳にはいかないので、決戦を避け、泣く泣く北側へ撤退していきました。

-------------------------
イングランドは、決着を付けようと王も前面に立ち進んできました。
その中、ウォレスとの一大会戦を迎えました。
偶然接触したのですが。
必死のダイスロールの結果、ウォレス側のダイス目が爆発し、イングランド側の兵が溶けていきました。
HoS1 (8)

-------------------------
この会戦で、イングランド王が討たれ、イングランド側が投了。
スコットランドは悲願の独立を果たしたのでした。
HoS1 (9)
-------------------------
(感想)
やっぱり「積み木システム」最高です。
システムはシンプルでありながら、ダイス目に一喜一憂する「半丁博打」感もあり、中身が見えないことによって、ポーカーのようなブラフ要素もありますし。
なにより、市民兵などのユニットが、減っても次のターンには全開で復帰してくるため、前線に立てて、貴族勢力は後ろから押していく、という中世的な流れに、個々人の倫理観はともかく自然とそうなるのが素晴らしいなと思うのです。
最高に面白かったです。

-------------------------
【フィンカ】
続いて、フィンカを2人でお試しプレイしました。
フィンカ2 (1)

-------------------------
二人でも面白いですねこれ。
イケます。
フィンカ2 (2)

-------------------------
負けました。
フィンカ2 (3)

-------------------------
隣の宅では、こちらもブラインドシステムのゲームをプレイしておられました。
ゲーム名聞きそびれました(^-^;)
2018-11-24 15.43.48
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
皆様、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!