今年もやってまいりました。
いたうが今年プレイした狭い範囲でのゲームランキングです。

 (殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン
デウス
ガイアプロジェクト
マンション・オブ・マッドネス第2版

-------------------------
1位:アクアスフィア(殿堂入り)
2位:クラフトワーゲン
3位:パルサー2849
4位:Hammer of the Scots
5位:エスノス
6位:フィンカ
7位:ヴードゥー・プリンス
8位:テオティワカン
9位:キョンシー
10位:カヴェルナ:忘れられた部族

(次点)
・マルコポーロの旅路
・キャピタル・ラックス
・ザ・マインド
・グレート・ウェスタン・トレイル
・ルクソール
・汽車は進むよ
・リバーボート
・トランスアトランティック

マルコポーロもGWTもキャピタル・ラックスも押し出された、だと…?
上から順に書き出していくと、こうなりました。

アクアスフィアは文句なし。
このゲームに出会えて良かった。
ボードゲームをやってて良かったと思える一作でした。
フェルドとは相性が悪く、点数が辛くなりがちだったのですが、この作品は自分にとって別格でした。
今までプレイしたゲームの中で、最も手番順の有利不利が少ないと思える作品ですし。
まだ手に入るので、この分を読まれた方は、手に入れることをお勧めします。

クラフトワーゲンは、一般に「佳作」と評されがちな作品ですが、どこかにあるようなシステムとシステムを組み合わせて、最高のパフォーマンスを発揮するとこうなる、というような作品です。
任天堂みたいなもんでしょうか。
この作品も、本当に素晴らしいと思います。

パルサー2849は、本当に心をくすぐられる作品でした。
アクションダイスを取るフェイズの見事さ、各要素の絡み具合、ソリティア風味とインタラクションの割合、勝ち筋の多様性、どれもこれも一流だと思います。
この順位なのは、この要素がトゥーマッチな人もいるだろうなというところです。
またプレイしたいと思っているので、来年には殿堂入りするんじゃないんでしょうか(^-^;)

Hammer of the Scotsは、積み木システムなんでね、高い順位に入ってきて当たり前ですよね(^-^;)
「システムに遊ばされる」のではなく、対人の駆け引きが存分に味わえるというところが、大好きです。

エスノスは、1時間程度で濃厚なマジョリティとセットコレクションが遊べるというところが素晴らしい作品です。
登場する種族カードが違えば、また違った展開になるところも良い。
John Howeのイラストもまた素晴らしい。

フィンカは、素晴らしいとは聞いていましたが、これもまたシステムが素晴らしいですね。
駆け引きもあるし、運とロジックの割合も良い。
2人でも面白かったのには驚きました。
買って良かったです。

ヴードゥ・プリンスは、クニツィア会心の一作でしょう。
最小限のルールで、多様な展開を描き出しています。
個人的にはトリックテイキングで遊びたければこれが良い、という作品だと思います。
納豆ネバ~。

テオティワカンは、本当に今風の作品といった感じ。
システムが本当に洗練されているように感じました。
モチーフを描き出そうと努力しているのを感じるのもまた、好感触でした。

キョンシーは、家族で楽しめたゲームであったこともたしかでしたが、システムとモチーフが最高に絡み合っていました。
子どものキョンシーが、寂しくて誰かと一緒にいたいから、迷い込んできた子供を捕まえて、自分の棺桶の中に連れ込もうとするんですよね。
そこだけでもう、物語を感じるじゃないですか。
あと、このシステムはどうやっても外れないですよね。
これぞアナログ。
本当に好きです。

カヴェルナは、本当に久しぶりに遊んだので、その思い入れもあるかもしれませんが、10位に入りました。
種族入って、さらに多様性が出たことにより、他人を気にするよりも自分の盤面しか見なくなりがちになるかなと思うのですが、その多様性はポジティブに受け止めています。
こういう種類のゲームによくある、「○○の種族がいるから、自分の選んだ△△の種族はすでに不利確定」みたいなことも少ないのかなあと。
程よいデザインで、良いと感じました。
ただ、これにより敷居はさらに高くなったことも事実で…。
必須の拡張とは思いません。
無印だけでも十分遊べると思います。
もうそろそろ得点シートがなくなるのですが、どこかで別売りしてないでしょうか…。


以上が、2018年のゲームを振り返った寸評でした。
それもこれも、一緒に遊んでくれた皆さんがいたからこそ。
本当に感謝です。
また来年も、よろしくお願いいたします。