いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

2021年06月

1月3日、小三さんとWar of the Ringをプレイしました。

-------------------------
【War of the Ring】
小三さんが来る前に準備完了。
もうすでにワクワクします。
War of the Ring05 (2)

War of the Ring05 (3)

-------------------------
ルール説明(1時間くらいかな。これでも速くなりました)後、プレイ開始。
いたうが善側、小三さんがサウロン側です。
小三さんはさっそく黒の乗り手(ナズグル)をリーヴェンデル(裂け谷)周辺へ飛ばし、指輪の運び手たちをけん制します。
War of the Ring05 (4)

-------------------------
一方、南方では、アイゼンガルド軍がローハンへ侵攻してきました。
まともに戦っては虎の子の兵力が消滅し(善側は、コマの再利用が出来ません。サウロン側は無制限に湧いてきます)、ローハン全土を守りきることが出来ないと判断し、一部を籠城させ、残りは戦略的撤退。隣の砦に立てこもりました。
War of the Ring05 (5)

-------------------------
包囲されますが。
War of the Ring05 (6)
見事に追い出すことに成功しました。
War of the Ring05 (7)

-------------------------
一方、指輪の一行。
指輪の一行は二手に分かれ、ガンダルフやギムリたちは北のくろがね連山(Iron Hills)へと向かい、ドワーフたちに決起を促します(参戦状態にならないと攻め込むことが出来ない)。
灰色のガンダルフも白のガンダルフへと進化します。
War of the Ring05 (8)

-------------------------
アイゼンガルド方面。
ヘルム峡谷奪取には失敗しましたが、サウロン側は兵力の再構築を急ピッチで進めています。
ゴゴゴゴゴゴゴゴ。
War of the Ring05 (9)

-------------------------
また、サウロン軍は、小兵力ながら北方人の国へ侵攻。
そこで、私は「トム・ボンバディルの力」カードを使用。
攻め込む先のエリアが聖域化され、悪側の進行は強制的に阻止することに成功しました。
War of the Ring05 (10)
トム・ボンバディル強い!

-------------------------
そうこうしているうちに、ストライダー(馳せ夫)がゴンドール入りし、「アラソルンの子」アラゴルン二世へ。
アクションダイスも増え、反攻に転じようとしています。
War of the Ring05 (11)

-------------------------
サウロン軍は、シンダールエルフのケレボルンとガラドリエルが治めるローリエンへ侵攻しました。
War of the Ring05 (12)
包囲されます。
War of the Ring05 (13)

-------------------------
その間に、ヘルム峡谷が再び侵攻されました(こっちが本命か!?)
War of the Ring05 (14)
ここを無理して守ったのが、後々祟りました…。

-------------------------
一方、ローリエンに攻め込まれた善側も、ガンダルフとギムリに率いられた北のエルフとドワーフの連合軍を南下させ、再論陣営の本拠内にプレッシャーをかけます。
本拠地をがら空きにしていたサウロン側は、ローリエンの包囲を解き撤収せざるを得ず、見事に撤退させることに成功しました。
War of the Ring05 (15)

-------------------------
ヘルム峡谷の戦いにも勝つことは出来ましたが、この兵力で全土を守ることは不可能…。
War of the Ring05 (16)

-------------------------
小三サウロンは、モリアを空にし、再びローリエンへ侵攻。
その時、指輪保持者のフロドとサムも、傷付き、止むなくローリエンで休息を余儀なくされます。
War of the Ring05 (17)

-------------------------
ガンダルフ&ギムリ軍が救援に向かいましたが、一歩遅く、ローリエン陥落!
清浄な森が消失してしまいました…。
War of the Ring05 (18)

-------------------------
ガンダルフ&ギムリ軍によって、消耗したサウロン軍は消滅。
ローリエンを奪還することには成功しました。
War of the Ring05 (19)

-------------------------
ここで狙いすましたカウンター発動。
森の守護者エント族が放棄し、アイゼンガルドへ侵攻。
首都オルサンクが全滅し、「白のサルマン」が死亡しました。
War of the Ring05 (20)

-------------------------
一方、指輪の一行も無傷という訳にはいきません。
ローリエンを出たばかりのところで「シェロブ」のチップを引いてしまい、精神に6ヒット!!
これ以上精神ダメージを失う訳にはいかない一行は、ボロミアとピピンを身代わりにせざるを得ません。
これにより、
War of the Ring05 (23)

とうとう案内人がいなくなり、ゴラムに導かれることとなりました…。
War of the Ring05 (22)

-------------------------
これまでの激闘により、これ以上サウロンの軍勢に対抗するだけの兵力がなくなっていた善側にとって、勝利するためには、指輪を滅びの山の火口へ捨てることだけ。
無理だとしても、進まざるを得ませんでした。
しかし。
一行は滅びの山へたどり着くも、闇のプレッシャーには抗えず、西方の加護(ダイス)も吹き飛ばされ、対抗不可に。
フロドはついに闇に堕ちてしまいました。
War of the Ring05 (24)
これにより、サウロン側の勝利となりました。
お見事でした!
-------------------------
10:30インスト開始、17:00終了。
負けてもこのサーガはボドゲ人生に刻まれます。
素晴らしい叙事詩でした。

ありがとうございました!

2021年元日。
家族とマンカラをプレイしました。

-------------------------
【マンカラ】
2~4人までできるセットのやつでプレイしました。
これがキレイで良かったです。
マンカラ01
少しだけ動かしながら説明したら、コンボできるようになって、成長を感じました。
20分くらいで終わるし、取って蒔くという動作だけですでに楽しい。
良い年明けでした。

-------------------------
以上

2020年12月29日、今年最後のグルームヘイヴン会が開催されました。

-------------------------
【グルームヘイヴン会】(シナリオ52)
山場の一つのシナリオでした。
いわゆる「某有名SRPGのラストシナリオ」といえば良いでしょうか。
GHA10 (1)

-------------------------
…何もやることがない…。
GHA10 (2)

-------------------------
クリアできました!
GHA10 (3)

-------------------------
【ヘブン&エール】
続いて、先週久しぶりにプレイして面白さに気付いたヘブン&エールをプレイしました。
ヘブン&エール03 (1)

-------------------------
終了ー。
88vs(べちさん)vs68(いたう)vs65(グラヴィティさん)でした。
全部埋めたのに(そういうゲームじゃない)
悔しかったけど、面白かったです。
ヘブン&エール03 (2)
インスト難しいし初見はかなり厳しいですけど、するめみたいに味が出てくるゲームだと思います。
買って良かったです。
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
ありがとうございました!

このページのトップヘ