いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 家族とボドゲ

<麺屋ボドゲ会26>
11月17日の麺屋ボドゲ会です。
-------------------------
【カエルのゲーム】
くろさん持ち込みの、キックスターター発のゲームです。
カエルが蓮の上で縄張り争いをするゲームです。
木ゴマがこれほど緻密です(ピンボケで申し訳ありません…)
カエルゲーム1 (1)

-------------------------
こんな感じで、カードを場に出して、カードの隅に書かれている花びらの数だけアクションポイントがあります。
そして、マスが書かれており、この分しかカエルコマを置けません。
大きいアマガエルゴマは、兵隊カエルコマ2つ分です。
満杯になった時に、マジョリティ判定をして、1位にカードに書かれた勝利点が入ります。
その後、満杯になった蓮が沈むため、カードの上にいる数の少ない色のコマから隣接するところに動けます。
ただ、隣接カードに移れるのは早い者勝ちです。
そして、隣接カードも満杯になれば、そこでもマジョリティ判定をします。
このため、そういった連鎖をも見込んで配置していったり、追い出したりしていかなければなりません。
頭がフル回転でした。
カエルゲーム1 (2)
が、経験者には一歩及ばず…。
でも面白かったです!

-------------------------
【ガイアプロジェクト】
待ちに待ったガイアプロジェクトをプレイできました。
初期種族で、ルールを読みながら。
微妙に違っているとのことだけど、テラミスティカ数回しかやってないので分からないですw
ガイアプロジェクト1 (1)

-------------------------
「SF」なんで、惑星をテラフォーミングして自種族の居住可能な環境に変えられます。
SFですから。
「SF」なんで、ワープするから、相手の植民した惑星の向こうにも植民できます。
ガイアプロジェクト1 (2)
素晴らしい。

-------------------------
今振り返ると、ルール間違いもありましたが、完走しました。
ガイアプロジェクト1 (3)
最高でした。
面白かったです。

-------------------------
【マクドナルド人生ゲーム】
うぉるさんが買ったばかりのマクドナルド人生ゲームを持ち込んだので、プレイさせてもらいました。
マクドナルド人生ゲーム1
良くできてますね。
面白かったです。
-------------------------

<家族とボドゲ7>
-------------------------
【マクドナルド人生ゲーム】
次の日、家族の力を結集して第1弾を買いそろえました。
そしてプレイ。
2歳の次女も、ルーレットを回すだけで参加している気になれたし、お金をもらったりするだけでもうれしそう。
長女はハンバーガーを作るコースなどと、だんだん成長していっていったり、失敗のコマに止まったことに一喜一憂したり、楽しんでいました。
「ゲーム性」が低くても、楽しめれば良いんですよね。
最高の時間でした。
マクドナルド人生ゲーム2 (1)

マクドナルド人生ゲーム2 (2)

マクドナルド人生ゲーム2 (3)
-------------------------

<麺屋ボドゲ会27>
-------------------------
【宝石の煌き】
交易所だかの拡張を入れてプレイしました。
サクラさんの圧勝でした。
宝石の煌き3

-------------------------
【ガイアプロジェクト】
今回も3人で回そうとしましたが、1ラウンド終了時にもう1人来たので、切り上げました。
ガイアプロジェクト2

-------------------------
【ナビゲーター】
久しぶりだったので、ナビゲーターをプレイしました。
どっちつかずで3位だったかな。
いやはや上手くいきませんが、楽しいです。
ナビゲーター25
-------------------------

一応ここで一切りとさせていただきます。
皆様、本当にありがとうございました!

4月8日と9日、青森市のラーメン屋麵屋さんのボドゲ会に行ってまいりました。

-------------------------
【コンプレット】
麵屋さんの店主さんのリクエストにより、コンプレットをプレイしていただきました。
私はインストと観戦です。
ルールの認識ミスから偶然生まれたけど、こっちの方が面白いと思った青森ルールで。
コンプレット9
皆さん、他のやろうと外から言わなければ、終わるまでやり続けていたんじゃないかと思うくらい連続でプレーされていました。
アオモリ・ヴァリアント面白いです。
お試し下さい。

-------------------------
【バトルライン】
途中で来店されたケダマさんと、バトルラインをプレイしました。
イマイチ面白さが判らないということでしたので、色々説明しながら。
そしたら、さすが。
吸収が早く、瞬く間にコツを覚え、いたう負けました。
バトルライン1
神ゲーです。

-------------------------
【犯人は踊る】
のぐちさんが持ち込んだこのゲームをプレイしました。
軽いけれど、ワイワイプレイ出来るゲームです。
犯人は踊る4
絵柄のセンスが最高。
頭の中に自然とストーリーが浮かび上がるし、良いゲームです。

-------------------------
【タイムボム】
爆弾処理班陣営とテロリスト陣営に分かれて爆弾処理を一定回数成功させられるかどうかを争う正体隠匿系のゲームです。
タイムボム1
面白かったです。
これくらいの軽い正体隠匿系が好き。

-------------------------
【イムホテプ】
石材を船に積み込むか、複数ある船着き場(それぞ異なった得点獲得ルールがある)に出港させるかを選ぶだけ。
1時間かからないで終わるのにしっかりと歯ごたえとやった感が味わえるイマドキのゲームです。
イムホテプ1
面白いし、やはり最近のゲームはしっかりと進化してますね。
昔のゲームだったら、同じくらいのやった感で2時間超えてましたよ…。
本当に良いゲームです。
値段も手ごろで素晴らしい。
これが日本語版で手に入る時代になったというのも、素晴らしい。
-------------------------
以上で麵屋ボドゲ会から退出しました。
皆さん、ありがとうございました!

帰宅して寝た後、昼くらいに娘の方から「ボードゲームやりたい」と申し出がありました。
娘、素晴らしい(・∀・)!
-------------------------
【ストーンエイジジュニア】
数日前に届いたこのゲームが気になって仕方がなかった様子。
下の画像上側のタイルを引いて、その数字分コマを移動するか、シンボルのマスまで飛び、そこに資源があったら獲得します。
そして、資源が貯まって村マスへたどり着いたら、ボードの(下の画像で)右上の3つの家に示された資源を払って家を建てることができます。
そして、家3軒を最初に建てたプレイヤーが勝利します。
ストーンエイジジュニア1 (1)

ストーンエイジジュニア1 (2)


ストーンエイジジュニア1 (3)
まだ娘は数字分コマを進める作法(今いるマスを「1」に数えてしまう)も理解していない状態ですが、楽しめた様子。
資源を集めて家を建てるというのは、それだけで楽しいですよね。
1勝1敗でした。
-------------------------
この日は以上でした。
娘よ、ありがとう!
また遊んでください。

先日の村の人生を覗いた娘がボドゲやりたいと要求してきましたので、翌日に「ねことネズミの大レース」をプレイしました。

-------------------------
【ねことネズミの大レース】
今回はガチで臨みました。
ねことネズミ3 (1)
 
-------------------------
ところが。
いたうの振るダイスはことごとく猫の目を出し、猫が気持ち悪いくらい猛進。
いたうのネズミがどんどん食べられていきました。
ねことネズミ3 (3)
そして当然、いたうが負けました(つД`)

-------------------------
平静を装って2回目。
今度は娘は緑を選びました。
ねことネズミ3 (4)

-------------------------
ゲーム終了図。
いたう6点-9点娘で、やはり娘の勝利。
娘は、確率計算とかリスク管理とかまだできないから、常に6ポイントのチーズを狙っているんですが、これが上手くいくんですよねー。
やはり、良く分かってないからビビらないというのは、強いですねw
ねことネズミ3 (5)

-------------------------
3回目ー。
…娘14点-8点いたうで、またしても娘の勝利!
ねことネズミ3 (7)
娘の3連勝で今日はこのぐらいにしてやりました。
-------------------------

娘よ、遊んでくれてありがとう!

11月のある休日。
時間が空き、何をしようかなと考えていたところ、娘が「ねこさんのやつやりたい」 と申し出たため、プレイしました。

-------------------------
【ねことネズミの大レース】
青がいたう、赤が娘です。
いたうは堅実に全部を満遍なく進める作戦。
娘は、一つを先行させ、後のやつはちょぼちょぼと進める作戦です。
ねことネズミの大レース2 (1)

-------------------------
いたうは途中で2ポイントの部屋に入ったりしていましたが、娘はあくまで「王国」(6ポイントチーズ)狙い。
娘(赤)の全てのネズミが王国に向かって突き進みます。
ねことネズミの大レース2 (2)
いたうはダイスの目が振るわずに、ネズミの目を連発。
中々前に進めませんでした。

-------------------------
そして、フィニッシュ。
娘は王国に3匹進めることに成功し、18ポイント。
いたうはチマチマ稼ぎ、王国には1匹しか送り込めず、15ポイントでした。
娘の勝利です。
ねことネズミの大レース2 (3)
-------------------------
やはりこのゲームは子供とプレイしても堪えますね。
システムとモチーフと収束具合が秀逸です。
これぞドイツゲームと言える作品だと思います。

8月のはじめに弟家族が青森に遊びに来ました。
帰る直前に、娘が弟の子供たちを家に連れてきたのでした。
それだけでも成長したなあと感じましたが、娘は弟の子供たちとボドゲがしたい様子でした。
なので、数分でしたが、「パカパカお馬」をプレイしました。

-------------------------
【パカパカお馬】
きちんとルールを聞き、順番にサイコロを振る面々。
一気に進む子、道具から揃えていく子など、個性が見えました。
パカパカお馬2
-------------------------

これだけなのですが、感無量でした。
お父さんボドゲやってて良かった。

このページのトップヘ