いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: マンション・オブ・マッドネス

5月末の麺屋ボドゲ会のレポートです。
遅くなってすみません…。

-------------------------
【ファーストクラス】
ようやっとプレイできました。
最も基本的なモジュールAとBでした。
このゲーム、モジュールが5つあり、そのうち2つを選ぶことで、様々なテイストのゲームを遊ぶことができるのです。
2両あるマイ・トレインを伸ばしていって豪華にしていくか、線路を伸ばし、ボーナスや勝利点を獲得するか。
ファーストクラス1 (1)

-------------------------
盤面中央のカードを獲得していくのですが、列の残りカードの数が一定数以下になると、その列のカードは流されてしまいます。
そのため、こっちのカードを獲るか、それともあっちのカードを獲って相手の欲しそうなカードを流すか、といった読み合いがとても脳に心地良かったです。
ファーストクラス1 (2)
早く終わるとは聞いていましたが、プレイ時間も本当に小一時間でした。
本当に最新のゲームは良くできているなあと思いました。

-------------------------
【マンション・オブ・マッドネス第2版】(シナリオ3「砕かれし絆」)
恒例のMoMです。
今回は、シナリオ3をプレイしました。
最高難易度の5、プレイ時間120~180分のモンスター級のシナリオです。
MoM4 (1)

-------------------------
シナリオは、推理小説的なテイスト。
しかし、犯人を確定させようとしっかり捜査したくても、手掛かりを全て手に入れるには、圧倒的に時間が足りません。
回り切れない。
そしてどんどんすり減っていく探索者たちの肉体と精神。
圧倒的に不利なシナリオでした。
MoM4 (2)
しかし、そんな中でも。
探索者たちは諦めませんでした。

-------------------------
全員が発狂し、過半数が還らぬ人になりながら、
本当に最後の最後、
ラスト・ワンプレイで、解決。
探索者、いや、人類の勝利の瞬間でした。
MoM4 (3)
-------------------------
(感想)
総プレイ時間300分超。
5時間を超える熱戦でした。
歯ごたえのありすぎるシナリオでした。
しかし。
必要最低限の証拠や情報を紡ぎ、真相に辿り着こうとするその姿勢は、まさにクトゥルフモノ。
終わった瞬間は、心身ともに疲弊していましたが、安堵と高揚感に包まれました。
最高のプレイでした。
同席してくれた皆さんに感謝。

以上で、この日はお開きとなりました。
お付き合いいただいた皆さん、麺屋さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー(・∀・)!

4月末のレポートです。
麺屋ボドゲ会へ行ってきました。
メインは、マンション・オブ・マッドネス第2版です。

-------------------------
【指輪物語-対決-】
メンツが揃うまで、時間調整も兼ねて、クニツィアの大傑作の一つをプレイしました。
相手をしていただいた求肥さんは、指輪物語を小説も映画もゲームも未経験とのことでしたが、キャラクターの特殊能力の尖りっぷりに楽しんでいただけたようでした(多分)
指輪物語-対決-8
これから、指輪物語を「楽しめる」って、羨ましいなあー。

-------------------------
【マンション・オブ・マッドネス第2版】(シナリオ2)
いたうも入れて4人でプレイしました。
いたうがソロで敗北したシナリオ2です。
4人だったら、失敗することはないだろ(フラグ)
MoM4 (1)

-------------------------
結論から言うと、敗北しました。
ええ。
もう、人民の怒りの海に飲み込まれましたとも。
これには銃も何も力を持ちません。
これが人民の力ですよ、同士。
MoM4 (2)
インターナショナルの歌がインスマスに鳴り響きました。
-------------------------

この次点で、もうすでに3時を超えていましたので、ここで撤収しました。
一緒にプレイしていただいた皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ