いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 平日ゲーム会

2019年2月24日、青森ボードゲームクラブ例会50が開催されました。
私は、家族と一緒に来て、少しの間お邪魔しました。

-------------------------
【くだものあつめ】
マンカラシステムを導入した国産傑作ゲームです。
買ってから数年経ち、やっとプレイできました。
くだものあつめ1 (1)
娘もそれなりにプレイ出来ていました。
やりごたえもしっかりあり、面白かったです。

-------------------------
【ニェット】
他の卓ではその時、ニェットがプレイされていました。
くだものあつめ1 (2)

-------------------------
私は小一時間で退出しましたが、この日の例会では、下の画像の様なゲームがプレイされていました。
TRPGもプレイされていました。
青森ボドゲ会50
-------------------------

<平日ゲーム会4>
この日は3人でした。
-------------------------
【クルセイダーズ】
数日前に届いたクルセイダーズをプレイしました。
マンカラシステムを分かりやすい形で導入した、ルール説明含めて2時間以内で終わる中量ゲームです。
クルセイダーズ1 (1)

-------------------------
各プレイヤーは、騎士団の代表となり、地域にいる異教徒や異民族を征伐しながら、東を目指します。
占領した地域に建物を建設することで、勢力をさらに拡大することができます。
クルセイダーズ1 (2)

クルセイダーズ1 (3)

-------------------------
アクションは、六角形のマスの一つを選び、そこに乗っているコマの数が、「アクションの強さ」になるのです。
その後、そのマスのコマを右隣のコマから時計回りに一つづつ置いていきます。
手番で出来ることはこれ以外には、「アクションマスを裏返してアップグレードさせる」というものがあります。
これは、最初は、1アクションマスには1アクションしかないのですが、アップグレードさせると、2アクションに増え、アクションコマを振り分けることが可能です。
クルセイダーズ1 (4)

-------------------------
ゲーム終了時。
勝利点チップがなくなったターンで終了(レース・フォー・ザ・ギャラクシーと同じ)。
ここまで、インスト含め1時間半でした。
クルセイダーズ1 (5)
(感想)
システムがきれいにまとまっていて、プレイ時間も短くて、騎士団ごとにプレイ感が変わるので、リプレイ性も高くて。
本当に今風の洗練されたゲームだと思います。
もうちょっと「エグ味」のある方が好みではありますが、良いゲームであることには変わりないと思います。

-------------------------
【スペースベース】
宇宙版「街コロ」と呼ばれることもあるゲームです。
買った宇宙船カードなどを自分のタイルのダイス目のエリアに差し込み、そのダイス目が出ると、お金とか資源がもらえます。
スペースベース1 (1)

-------------------------
絵柄がかわいいのです。
世代的にSDガンダムのカードダスを思い出してしまいました。
スペースベース1 (2)

-------------------------
ゲーム終了時。
このような豪華な船団が誕生しました。
スペースベース1 (3)
(感想)
手軽で、ダイス目に翻弄されることを楽しむゲームです。広い場所が必要なことと、一度抜け出したプレイヤーに追いつくことが難しいんじゃないかなーというのは思いましたが、まあ、それも込みで楽しむ精神で。
良いゲームだと思います。

-------------------------
【国産同人ゲーム】
名前忘れました(汗)
同人ゲーム

-------------------------
【ヴードゥプリンス】
最後にヴードゥプリンス。
ヴードゥプリンス6

-------------------------

以上でお開きとなりました。
参加していただいた皆さんありがとうございました。
またよろしくお願いしますー!

2月のソロゲーム会と平日ゲーム会を振り返ります。

-------------------------
【アーカムノワール】
クトゥルフを題材にしたソリティア(一人用ゲーム)をプレイしました。
難易度も調整できます。
アーカムノワール1 (1)

-------------------------
カードを場に置いていくんですが、手元のカードのとおり、左右の真ん中にアイコンがあり、前に置いたカードの右端と出したカードの左端が合わないところには置けません。
複数ある場合は、1個でも合ってれば置けるので、有利です。
アーカムノワール1 (2)

-------------------------
クリアしました。
一応、バランスはとれていて、楽しめました。
このシステム、何にでも応用展開できそうですね(^-^;)
アーカムノワール1 (3)
-------------------------


<自宅ゲーム会3>2019年2月23日
この日は、私が人数把握を間違えていて、3人集まると思っていましたが、2人しか集まらず。
でも、せっかく来たのだからと、2人でゲームをプレイしました。
本当に感謝です。

-------------------------
【ヘブン&エール】
まずは、巷で高評価でプレイしてみたかったヘブン&エールをプレイしました。
マス目を回っていき、その止まったマスのタイルやら色々なものを獲得したりします。
1周するとラウンド終了。
ヘブン&エール1 (1)

-------------------------
獲得したタイルは、「日向(ひなた)面」と「日陰(ひかげ)面」があり、置いたエリアによって即時収入を得られるか、後々の勝利点になるとか、違いがあります(たしか)。
ヘブン&エール1 (2)

-------------------------
(感想)
分かりやすく、時間もかからず、奥深く、他人との絡みも確かにある。
スマートな今風のゲームだと思いました。
面白かったです!

-------------------------
【ロシアンレイルロード】
メインボードでワーカープレイスメントをしてロシアの各都市へ鉄道を引いていくゲームです(ぶった切り)
線路は3本あり、それぞれ伸ばす必要があり、その路線ごとに、伸ばした時に得られる効果などが違います。
ロシアンレールロード1 (1)

-------------------------
ゲーム終了。
以外に2人でも楽しめました。
ロシアンレールロード1 (2)
これは良いユーロだなあと思いました(ユーロですよね?)
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
中身は非常に濃かったです。
2人なので、これはどうやるの?とか、色々話したり教えてもらいながらもピリッとした、非常に良い雰囲気の会でした。

くろさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

2019年最初のゲーム会の模様を書きます(今さら)。

<平日ゲーム会1>2019年1月12日
-------------------------
【キーフロウ】
3人で。
カードドラフトになったキーシリーズ。
キープルもカードから獲得します。
キーフロウ1 (1)

-------------------------
このように並べていきます。
キーフロウ1 (2)

-------------------------
あれもこれもは出来ないので、めっちゃ悩みます。
キーフロウ1 (3)
-------------------------
(感想)
めっちゃ面白かったです。
キーシリーズといえば、キーフラワーが忘れられないけど、あれは重いし時間もかかる。
このキーフロウは、テイストはキーシリーズのままで、プレイ時間は短縮されてるという、今風のデザインにしっかりなっています。
これは欲しい。

-------------------------
【インダルジェンス】
評判が良いというのは聞いていましたが、初めてプレイしました。
インダルジェンス1 (1)

インダルジェンス1 (2)
シチュエーションによってはどうしようもない時も存在しますが、そこはトリテであれば避けては通れず。
これもうんうん唸って楽しみました。

<平日ゲーム会2>2019年2月9日
-------------------------
【フランチャイズ】
この当時評判だったこのゲームを手に入れたのでプレイしました。
「胡椒袋」のリメイクです。
フランチャイズ1 (1)

-------------------------
各都市に支店コマを置いていきますが、置きすぎるとその都市からの収入が減ります。
でも、置かなければ、その都市での勢力争いに負け、勝利点を手にすることができません。
そして、都市単位での勢力争いに、その「地方(地域)」でのマジョリティ争いも絡んできます。
フランチャイズ1 (2)

フランチャイズ1 (2)

フランチャイズ1 (3)
考えどころもあるのに、プレイ時間は短い。
良いリメイクだと思います。

-------------------------
【ミューラ】
テンデイズさんが再販してくれたゲーム。
面白かったです。
ミューラ1

-------------------------
【ペリカンベイ】
かわいい見た目していてかなりのガチゲーでした。
面白かったです。
ペリカンアイランド1 (1)

ペリカンアイランド1 (2)

ペリカンアイランド1 (3)

-------------------------
【デウス】(エジプト拡張入り)
負けましたが、やはりこのゲーム最高です。
デウス5
-------------------------
以上でお開きとなりました。

参加していただいた皆さんありがとうございました。
またよろしくおねがいします!


8月15日。
忙しい日常。
楽しみのないこんなポイズンな世の中。
そんな世の中にあって、貴重な休みであるお盆休みの午後に、集まってせめてボドゲをやろうと、集まりました。
弘前に。
そんな愛すべきボドゲ野郎たちの物語です。

-------------------------
【スターライトステージ】
プレイヤーは、弱小プロダクションのプロデューサー。
事務所には、新人である、芸能界の卵しかいません。
でも。
「卵」だからこそ、何者にでもなりうるのです…。

プレイヤーは、手番で「歌唱力」、「演技力」、「ビジュアル」のチップを集めたり、「仕事」を持ってきたり(各種のポイントを獲得できる)して新人に経験を積ませるなどして、シンガーだったり、女優だったり、総合スターに成長させていくのです。
スターライトステージ1 (1)

-------------------------
終了時の「いたう事務所」の所属タレント。
もっとどうにかしてあげたかったという思いも浮かぶけど、何だか思い入れが入って、嫌いになんて慣れない自分がいたりします。
スターライトステージ1 (2)
-------------------------
(感想)
やってみた感想は、宝石の煌きに近い印象を受けました。
奥深さでは、「煌き」に分があるとは思いますが、システムとモチーフ(世界観)の噛み合い具合は、こっちの方が上のように感じました。
アイドルモノに興味のなかったいたうでも、アイドルが成長していくにつれ、思い入れが入ってきて、グッと来てました。
「とうとうここまで来たね…(感慨)」だったり、
「こんな仕事をやらせてしまってごめんね…」、「こんな仕事しか持ってこれなくてごめんね…」
などと勝手に思ったり。
キモイ…。
でも、何故か忘れられないゲームです。

-------------------------
【コンコルディア:ガリア】
多分、ガリアマップです。
コンコルディア22 (1)

-------------------------
やっぱり面白い。
4位だったかな?
コンコルディア22 (2)
-------------------------
(感想)
やっぱり面白いです。
特にコンコルディアをプレイしていて、好きじゃない苦しさにもかかわらず、何故面白いと感じてしまうのか、といったことを考えてきたんですが、ゲルツ氏のインタビュー記事を読んで、今これを書いている時に、この画像を見た時に分かったような気がしました。
「ほとんど全てが盤面に見えている」からなんだと。
ほぼ全てが盤面に見えているにもかかわらず、さらに選択肢は2~3つくらいにもかかわらず、ソリティアにもなっていないし、将棋や囲碁のようなアブストラクトにもなっていない。
これって、本当は凄いことなんじゃないかと。
凄いというか、偉大なことなんじゃないのかなあと。
そういうところに思い至りました。

ゲルツさん、あんたは凄い。
ありがとう。

-------------------------
【ラブレター】
最高に盛り上がったラブレターでした。
このまま一生やっていたいくらい。
本当に素晴らしいメンツに出会えて、感謝しかないです。
ラブレター1

-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!


翌日。

しっかりと休養を取った後、ハラさんからバックギャモンを教えていただきました。

-------------------------
【バックギャモン】
まずはダブリングキューブなしで。
分からない時は、素直に聞いて、少しでも間違った手を打った時は、その都度手を止めて、その場での状況やその場面での優先度、選択のメリット/デメリットなどを教えていただきました。
バックギャモン2 (1)
人によっては途中で止められるのが苦手な人がいると思います。
いたうにとっては、この教えてもらい方が一番効率が良いし、肌に合ってます。

-------------------------
何戦したでしょうか。
面白かったなあ。
充実してたなあ。
バックギャモンはやはり面白い。
バックギャモン2 (2)

-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
ハラさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

このページのトップヘ