いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 平日ゲーム会

-------------------------
【グルームヘイヴン】(シナリオ54)
マインドシーフのスパイクくんの卒業の時です。
本当に寂しさを感じています。
GHA12 (1)

-------------------------
スパイクくんの念動力にはいつも助けられていました。
いつも宝を奪っていくスパイクくん、憎んだこともありました。
ブルート(ネズミ嫌い)に何度も斬られかけたところを助けたことか。
なのにいつも颯爽と宝箱と貨幣を持って行ってしまうスパイクくん…。
憎い。
でも、憎みきれない愛嬌があったスパイクくん。
本当に今までありがとう!
GHA12 (2)

-------------------------
シナリオクリア!
スパイクくんも人生の目標達成!
冒険者引退!
余生は下水で悠々自適に年金生活か!?
GHA12 (3)
…と思ったのも一瞬。
世界が暗くなり。
そして。
スパイクくんが…。
ああっ!!!!
何ということだ!!!
あんなことになってしまうだなんて!!!!!
虫が!!
虫が窓に!!!!!!!
(次回へ続く)

-------------------------
【リネイチャー】
ラストの余りの展開に言葉のない一同。
気を取り直して、「虫」のゲームをw
リネイチャー03 (1)

-------------------------
終了。
112(いたう)vs88(グラヴィティさん)vs67(べちさん)
でした。
勝った!うれしい。
コツ分からないけどw
リネイチャー03 (2)
こういうので良いんだよこういうので。
-------------------------
以上でお開きとなりました。
ありがとうございました!

グルームヘイヴンBチームの会。

-------------------------
【グルームヘイヴン】(シナリオ11)
衝撃のシナリオ。
こっちルートを初見で選択しているパーティは日本、いや世界で何組いるでしょうか。
GHB08 (1)

-------------------------
…何とか。
何とかクリア。
劇的でした。
終わった瞬間拍手が起きました。
GHB08 (2)

-------------------------
【辛いだけでいいのか?】
履歴を調べたら、前回のプレイが5年前。
月日が経つのは速いですね…。
辛いだけでいいのか02
今のレベルになって、このゲームの凄みが理解できました。
面白い!
カラシがウ○コにしか見えないことだけが…。
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
ありがとうございました。

初参加のけーじさんと。

-------------------------
【グレートウェスタントレイル】 
大枠はすごろく。
数マスの移動力があり、止まったマスに建設やアクションが出来る。
他人の一部のマスや危険マス(落石やワニなど)を通過すると、通行料を取られます。
ゴールに辿り着いた時に、手札の牛カードの「種類」の数に応じてお金がもらえます(同じ牛カードはどんなに持っていても1種類扱い)。
そしたら、またスタート地点に戻って、スタート。
終了トリガーが引かれるまで続けます。
勝利点が一番多い人が勝者です。
GWT06 (1)

-------------------------
62(みやさん)vs54(いたう)vs34(けーじさん)
でした。
いろんな戦略が試されてました。
これマジで面白いです!
拡張も買っておいて良かった。
新版が発売される予定ですので、興味のある方はぜひ!
GWT06 (3)

GWT06 (2)

-------------------------
【ポテトマン】
もうすぐブラジル版が発売されるポテトマン。
前手番の人が出した色は出せないというタイプのトリックテイキング。
カードにも物語性があり(アンパンマン的な)、やるたびにドラマが生まれる素晴らしいゲームです。
ポテトマン09 (1)

-------------------------
最終ラウンドの手札。
黄色がないw
ポテトマン以外には勝てる赤の16,18でいかに勝利を呼び込むかがカギ?
ポテトマン09 (2)
いやしかしキツいぞ…?

-------------------------
終了。
31(みやさん)vs27(いたう)vs26(けーじさん)
でした。
面白かったー!!
ポテトマン09 (3)
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
ありがとうございました!

この日は4人で開催されました。

-------------------------
【炭鉱讃歌】
もはや大安定の傑作ワカプレ。
すでに置かれているアクションにも、1つ多い数のワーカーを配置すればアクション可能。
12個のワーカーを駆使して出荷しまくる(ワーカーは全然足りません)
炭鉱讃歌04 (2)

-------------------------
終了。
118(いたう)vs111(みやさん)vs100(うぉるさん)vs95(のんさん)でした。
本格派なのにインスト含めて1時間以内に終わる。
素晴らしい。
炭鉱讃歌04 (3)

-------------------------
【四つの評議会】
4つの「評議会」(3つのエリア担当の評議会+宮殿(中央政府?)の評議会)があり、そこには4人の評議員が在籍しています。
プレイヤーは、「許可証」(評議員の派閥の色)を集め、それを払い(カードが不足していても、お金を払えばOK!)、都市に商館を建設していきます。
商館を建設した時、その都市とその建てた都市に接続している都市のボーナスが獲得できます(つなげて建てていくと、ものすごく美味しい思いが出来ます)。
ただ、都市にも色(グループ)があり、その都市グループ全てに建て切るなどすると、勝利点ボーナスが得られます。
グループは各地に散在しているので、勝利点獲得を狙うと「連鎖ボーナス」を得られにくくなります。
4つの評議会06 (1)

-------------------------
終了です。
79(いたう)vs77(みやさん)vs57(のんさん)vs47(うぉるさん)でした。
ギリギリ。
4つの評議会06 (2)
これも1時間半くらい(インスト込み2時間)でした。

-------------------------
【リネイチャー】
10種の熱帯の動物(昆虫や両生類など)が描かれたタイルを手札として3枚持ちます。
これを同じ動物(かオールマイティー)のシンボルがくっつくように配置していきます。
配置した時、隣接した陸地に自分のボードから、自分の色か中立色の植物コマを配置していきます。
植物には、1~4ポイントまでの強さがあり、陸地がタイルで囲まれた時に、色ごと(中立含む)でパワーの合計値を比べます。
単独1位のプレイヤーは、その陸地の勝利点トークンを獲得できます。
同数値の勢力は、判定から除外されます!
なので、シレっと中立コマ置いたりして、中立コマと同点1位にして除外させて、少ない数字で1位を獲得するなどの戦法も有効です。
リネイチャー02 (1)

-------------------------
終了です。
77(うぉるさん)vs72(みやさん)vs64(のんさん)vs49(いたう)でした。
見た目かわいいし、ルールもシンプルなんですが、バチバチです。
リネイチャー02 (2)
これは良いドイツゲームですよー。
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
ありがとうございました!

-------------------------
【アルマ・マータ】
3人戦です。
アルママータ03 (1)

-------------------------
みやさんが「覚醒」し、1ラウンド目で25金貯めてワーカーを増やし、大きなアドバンテージを得ました。
もうこの時点でほぼ勝負決まったようなものと感じましたので、勝利と狙いつつも色々やってみようと切り替えて臨みました(でも、勝敗は全然決まってませんでしたね…)
アルママータ03 (2)

-------------------------
でも。
とっとりさんが初プレイにもかかわらず、技術(たしか)トラックでこれだけ引き離すなど、ものすごく効率的に得点を積み上げていってました。
アルママータ03 (3)

-------------------------
自分の盤面。必要なカードは取ってるんだけど、いかんせんスピードが遅かったですね。
アルママータ03 (4)

-------------------------
とっとりさんの盤面。
アルママータ03 (5)

-------------------------
みやさんの盤面。
アルママータ03 (6)

-------------------------
終了時。
164(とっとりさん)vs126(みやさん)vs118(いたう)でした。
アルママータ03 (7)
このゲーム面白いです。
ギリギリ我慢できる複雑さで、ギリギリ我慢できるランダム差で。
自分たちで「相場」を決めていくような値段の決まり方、本の価格の決まり方も独創的(自分が不勉強なだけ?)で、素晴らしいと思います。

-------------------------
【リネイチャー】
熱帯地域の川沿いに生物の繁栄エリアが決まっていって、「島」での植物同士の勢力争いにつながる、といった感じのタイル配置(ドミノ的)ゲームです。
手元には、3つのタイルがあり、そこから一つ選んで配置していきます。
10種の生物の一つがこの地域には生息しており、生物同士が隣接するようにタイルを配置していかなければなりません。
10種の内の一つが「ジョーカー」で、どの生物ともつながります。
タイルを置いた時、その置いたタイルに隣接する「島(陸地)」に植物コマを置くかどうか選択できます。
各プレイヤーは、自分の色の植物コマ(強さが1~4まであります)と、無色の中立コマを持っており、そのどちらかを配置できます。
「島(陸地)」がタイルによって閉じられた時、その島にある植物のマジョリティを判定します。
単独1位か2位だと、得点タイルがもらえます。
同点の色は無視されます。
この他にも色々ありますが、終了時に勝利点が一番高い人が勝ちます。
リネイチャー01 (1)

-------------------------
いやあ、みんな強いなあ…(悪魔の笑み)
でもこれ、考え出すとキリがないけど、シンプルで面白いなあ。
アルマ・マータやった後だけに特にそう感じました。
リネイチャー01 (2)

-------------------------
各シンボルの数は11個。
盤面数えればカウント可能(まあまあ大変でめんどくさい)
リネイチャー01 (4)

-------------------------
終了です。
109(とっとりさん)vs93(いたう)vs90(みやさん)でした。
リネイチャー01 (4)
これは面白いです!
かわいいし。
古き良きドイツゲーといった趣き。
これは良いゲームでした。

-------------------------
【Cat in the Box】
最後にクールダウンを兼ねて(クールダウンになってませんが)
自分持っていたやつですが、インストをとっとりさんにお願いしました(感謝)
キャットインザボックス01
いやあ。
これもとんでもないゲームですね。
なにこれ天才。
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
本当にありがとうございました!

このページのトップヘ