いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 七戸ゲーム会

-------------------------
【ポテトマン】(5人戦)
みんな集まるまでの時間調整。
途中から全員集まったので、5人でプレイしました。
5人だと、一回まで同色を出しても良くなります。
これが、すごく効いてて、2人目で同色を出して敢えて潰しに行く戦法もあり、非常に悩ましくなります。
ポテトマン08 (1)

-------------------------
ポテトマン返し(ポテトマンは通常自動的勝利ですが、同色出しできるため、ポテトマンの中での数字勝負になります)がキレイに決まりました!
ポテトマン08 (4)

-------------------------
5人でも面白さが損なわれない。
素晴らしいゲームです。
ポテトマン08 (3)

-------------------------
【オストル】
100均で発売されたゲームです。
その前の版で遊ばせてもらいました。
オストル01
アブストラクト苦手ですが、面白かったです。

-------------------------
ガンツ・シェーン・クレバー
隣の卓でプレイされてました。
ガンツシェーンクレバー01 (1)

-------------------------
【ヌースフィヨルド】(5人)
5人でもそんなに時間はかからないだろうと思ってプレイしました。
ミープル駒に変えて、大正解でした。
ガンツシェーンクレバー01 (2)

-------------------------
36(みうらさん)、35(むつさん)、33(いたう)、26(ふなきさん)、21(ハラさん)
でした。
ヌース05
かなり面白いウヴェのゲームだと思います。
間違いなく私のウヴェランキングでトップ2には入ります。

-------------------------
【モンマルトル】
セットコレクションだったと思います。
ルール忘れてしまいました(つД`)
インストが難しいゲームだという印象でした(やってることはシンプルなんだけど…)
モンマルトル01 (1)

-------------------------
28(むつさん)、27(みうらさん)、19(ハラさん)、18(ふなきさん)、17(いたう)
でした。
モンマルトル01 (2)
感想としては、シンプルな宝石の煌めきといった感じでした。
美しいし、手軽だし、良いんじゃないでしょうか。

-------------------------
The Collector
作者名もない(「デザイナー」という概念がまだなかった時代)ゲームです。
芸術品や嗜好品を集めて売ってを繰り返して既定の金額を稼いだ人が勝利するゲームです。
The Collector01 (1)

The Collector01 (2)
雰囲気出てて面白かったです。

-------------------------
【セレンゲティ】
アフリカの古代の美術品(祭祀の道具など)を落札し、セットで勝利点を稼ぐゲームです。
カード(美術品)には0~9の数字があります。
落札したプレイヤーは、次の競りから、落札したカードの数字を下一桁で宣言できなくなる「呪い」にかかってしまうのです!
セレンゲティ09
勝者とか記録できないくらい、自滅して苦しかった記憶しかないです…。
でも面白いと思います。
無二。
-------------------------
以上でお開きとなりました。
ありがとうございました!

2020年10月の七戸ゲーム会の模様です。

-------------------------
【4つの評議会】
もう大好きなゲームです。
いつどこで誰に出しても良い、すごく重宝するゲームです。
4つの評議会05 (1)

-------------------------
終了ー。
65(ハラさん)vs52(いたう)vs38(パパスさん)
でした。
4つの評議会05 (2)

-------------------------
【Xニムト】
ニムトの新バージョン。
下のように、3枚、4枚、5枚置けるエリアがあり、そこを超えたら引き取らなければなりません。
Xニムト01 (1)

-------------------------
このゲームの特色は、引き取ったカードの中から一枚失点無効化できる場があるということです(ただし、ここに昇順で置ける限りにおいては)。
昇順で置けなくなったら、失点が倍になります。
Xニムト01 (2)
かなり頭を使いましたー。
でも、面白いと思います。
やっぱニムト良くできてる…。

-------------------------
【炭鉱讃歌】
プレ値でしたが買ってみた作品。
おもしろいと良いけれど、と思っていました。
自分の炭鉱を掘り、4種類の鉱石を掘り出し、自分が受注した注文を達成していき、一番勝利点を稼いだ人が勝者となるゲームです。
一人12個ワーカーを持ち、その数は不変です。
このゲームの特色の一つは、誰かが先に置いているアクションでも、そこに置いてあるワーカーよりも多い数を置けば、そこのアクションを実行できるという点です。
炭鉱讃歌01 (1)

-------------------------
終了。
106(パパスさん)vs100(いたう)vs97(ハラさん)vs77(あかさかさん)でした。
アクションは、「採掘」、「掘り出し」、「受注」、「出荷」、「資金獲得」といった種類があり、どれも重要で、どれを先に抑えるかというところでも悩ましい、まちがいなく傑作です。
濃密なのに、プレイ時間は1時間かかってません。
宝石の煌めきよりも短いかも。
びっくりする出来だと思います。
炭鉱讃歌01 (2)
これより長い時間がかかるゲームは、魅力などはもちろん違いますが、どうしてもこれと比べちゃうなあ、というゲームです。
自分の中での一つの基準になりました。

-------------------------
【ザ・クルー】
やっぱり面白いなあ。
ザ_クルー06

-------------------------
【ポテトマン】
最後にプレイしました。
やっぱこれ最強だと思います。
本当に良い。
ポテトマン06
-------------------------
以上でお開きでした。
ありがとうございました!

七戸ゲーム会の9月会の模様です。

-------------------------
【アクワイア】
年に一回はプレイしないとボドゲやったことにならないので、アクワイアをプレイしました。
アクワイア08 (1)
配牌はまずまずですね。

-------------------------
全てのチェーンが建ちました。
いたうは一歩リードしてはいますが、そんなもの一瞬で吹き飛ぶ程度の差。
ここからが勝負です。
アクワイア08 (3)

-------------------------
みなさんの思いが交錯し、誰かが動けば誰かが抜け出してしまうという状況。
非常に難しい状況に思われました。
アクワイア08 (4)
洗面器の状況です。

-------------------------
終了。
40,000(いたう)vs38,800vs(パパスさん)37,600(むつさん)vs26,600(ふなきちさん)vs24,800(ハラさん)でした。
アクワイア08 (6)
終わってみたら、1株くらいの差しかなく非常に接戦でした。
やはりアクワイアは最高でした。

-------------------------
【バラージ】
午後はバラージをプレイしました。
いたうは、ドイツ+「4以下の発電量が4になる」重役です。
バラージ11 (1)

-------------------------
終了です。
103(むつさん)vs91(いたう)vs70(あかさかさん)vs55(ハラさん)でした。
やはりバラージは面白いですね。
バラージ11 (2)

-------------------------
【ダウンフォース】
お手軽レースゲーム。
邪魔したり加速したり。
1位の車を予想して、当たれば勝利点。
ワイワイ遊べて面白いです。
ダウンフォース01

-------------------------
【Q.E.】
値付け無制限のびっくり競りゲーです。
QE02 (1)
先日の相場よりも1桁高い価格で取引されています。

-------------------------
…先日のプレイより2桁上がりました…。
QE02 (2)

-------------------------
終了です。
43点で同着2位でした。
高値の荒波を何とか乗りこなしました。
QE02 (3)
-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさんありがとうございました!

7月にハラさんと二人会でした。

-------------------------
【ブラックアウト香港】
大規模停電を起こした香港を舞台としたゲームです。
プフィシュターさんの作品の中では遊びやすい方だと思いました。
ブラックアウト香港1 (1)

ブラックアウト香港1 (2)
2人でも十分面白かったです。

-------------------------
その他
【スペースエディター】
特殊能力を持った異星種族たちが我先にと宇宙を冒険していくゲームです。
スペースエディター1 (1)

スペースエディター1 (2)

-------------------------
【バックギャモン】
バックギャモン5

-------------------------
【バトルライン】
バトルライン3

-------------------------
【キューブリック】
キューブリック1

-------------------------
【キャッチー】
キャッチー1
-------------------------
以上でした。
ありがとうございました!

8/31に、私とパパスさんの二人だけでしたが、今月2回目の七戸ゲーム会が開かれました。

-------------------------
【Hannibal】
傑作ウォーゲームのHannibalです。
勝ち筋が多様で、どちらにも勝てるチャンスがあり、キャラが立ってる素晴らしいゲームです。
Kickstarterで支援したハンニバル/ハミルカル版でプレイしました。
いたうがローマ側でした。
ハンニバル5 (1)

-------------------------
ハンニバルの歩みが遅かったので、アルプスの反乱部族を包囲してみました(開戦当時のローマの将軍が、積極的ではないので、部族を鎮圧することは出来ないのですが…)。
ハンニバル5 (2)

-------------------------
来ました。
まともにやっていたら勝てないので逃げます。
ハンニバル5 (3)

-------------------------
次の年。
イタリアに来ようとするハンニバルの前面に、ローマ最強(当時)の将軍「ファビウス」を立たせます(ファビウスを起動できるカードがなく、でくの坊であることは内緒です…)
ハンニバル5 (4)

-------------------------
その後、一大会戦を仕掛け、ハンニバルの兵力を半減させます。
その裏でヒスパニアへ侵攻します。
将軍能力では劣るが、軍隊の数と、制海権を取っているローマの利点を活かします。
たまらないと、ハンニバルは陸路で戻ります。
時間稼ぎ成功です。
ハンニバル5 (5)

-------------------------
その後、ハンニバルは一発逆転を狙い、ローマを包囲します。
ダイスがさく裂し、2ポイントまで取られました!(3ポイントで城砦は陥落し、ローマが陥落すると自動的に敗北します!)
焦りました。
ハンニバル5 (6)
この侵攻を阻止したため、カルタゴ側は降伏。
ローマ側の勝利となりました。

-------------------------
【パンデミック・ローマ】
ローマ帝国末期の蛮族の侵入をモデルにしたパンデミックです。
あちこちから入り込み、ローマが蹂躙される様がものすごく表現されています。
パンデミック・ローマ1 (1)

-------------------------
一応勝利しました。
これは素晴らしいパンデミックです。
シリーズで一番好きです。
パンデミック・ローマ1 (2)

-------------------------
【HIVE(ハイブ)】
パパスさんのおススメの、名作アブストラクトです。
虫のコマごとに、動き方が異なります。
ハイブ1 (1)

-------------------------
…一回も勝てませんでしたー(つД`)
やっぱりアブストラクト難しいなあー。
ハイブ1 (2)
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
パパスさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー!

このページのトップヘ