いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 七戸ゲーム会

8/31に、私とパパスさんの二人だけでしたが、今月2回目の七戸ゲーム会が開かれました。

-------------------------
【Hannibal】
傑作ウォーゲームのHannibalです。
勝ち筋が多様で、どちらにも勝てるチャンスがあり、キャラが立ってる素晴らしいゲームです。
Kickstarterで支援したハンニバル/ハミルカル版でプレイしました。
いたうがローマ側でした。
ハンニバル5 (1)

-------------------------
ハンニバルの歩みが遅かったので、アルプスの反乱部族を包囲してみました(開戦当時のローマの将軍が、積極的ではないので、部族を鎮圧することは出来ないのですが…)。
ハンニバル5 (2)

-------------------------
来ました。
まともにやっていたら勝てないので逃げます。
ハンニバル5 (3)

-------------------------
次の年。
イタリアに来ようとするハンニバルの前面に、ローマ最強(当時)の将軍「ファビウス」を立たせます(ファビウスを起動できるカードがなく、でくの坊であることは内緒です…)
ハンニバル5 (4)

-------------------------
その後、一大会戦を仕掛け、ハンニバルの兵力を半減させます。
その裏でヒスパニアへ侵攻します。
将軍能力では劣るが、軍隊の数と、制海権を取っているローマの利点を活かします。
たまらないと、ハンニバルは陸路で戻ります。
時間稼ぎ成功です。
ハンニバル5 (5)

-------------------------
その後、ハンニバルは一発逆転を狙い、ローマを包囲します。
ダイスがさく裂し、2ポイントまで取られました!(3ポイントで城砦は陥落し、ローマが陥落すると自動的に敗北します!)
焦りました。
ハンニバル5 (6)
この侵攻を阻止したため、カルタゴ側は降伏。
ローマ側の勝利となりました。

-------------------------
【パンデミック・ローマ】
ローマ帝国末期の蛮族の侵入をモデルにしたパンデミックです。
あちこちから入り込み、ローマが蹂躙される様がものすごく表現されています。
パンデミック・ローマ1 (1)

-------------------------
一応勝利しました。
これは素晴らしいパンデミックです。
シリーズで一番好きです。
パンデミック・ローマ1 (2)

-------------------------
【HIVE(ハイブ)】
パパスさんのおススメの、名作アブストラクトです。
虫のコマごとに、動き方が異なります。
ハイブ1 (1)

-------------------------
…一回も勝てませんでしたー(つД`)
やっぱりアブストラクト難しいなあー。
ハイブ1 (2)
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
パパスさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー!

8/24、七戸ゲーム会に参加しました。

-------------------------
【レス・アルカナ】
優秀なゲームです。
レス・アルカナ3 (1)

レス・アルカナ3 (2)

レス・アルカナ3 (3)

レス・アルカナ3 (4)

レス・アルカナ3 (5)

レス・アルカナ3 (6)

-------------------------
【クラフトワーゲン】
僕たち!
いくつになっても自動車づくりが大好きマンです!
クラフトワーゲン2 (1)

クラフトワーゲン2 (2)

-------------------------
【ソレニア】
パパスさんさん持ち込みのゲームです。
不勉強にして知らなかった作品ですが、面白かったです。
とある地上のない惑星の空を飛ぶ飛行船団を操り、空中に浮かぶ「島」に立ち寄り、資源などを獲得します。
昼と夜が巡り、そこで得られる資源も異なります。
先も見越せるので、飛行船の「位置取り」も重要になってきます。
ソレニア1 (1)

ソレニア1 (2)
「ブラックエンジェル」という作品も、このシステムに似てるようですが、なるほど面白いなあと。
物語性もあり、非常に良いなと思いました。

-------------------------
【ハイ・ソサエティ】
最後の残り時間で。
名作中の名作ですね。
ハイソサエティ4 (1)

ハイソサエティ4 (2)
-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

<七戸ゲーム会(6月)>
七戸ゲーム会6月会に参加してきました。

-------------------------
【七不思議デュエル】
初七不思議デュエル。
長いこと積んでいました。
七不思議デュエル1 (1)

-------------------------
面白い!
そんなに重くないし。
七不思議デュエル1 (2)
気に入りました。

-------------------------
【郵便馬車】
むつのひとさんとプレイしました。
郵便馬車1
2人プレイだったからなのか、ゲーム大賞受賞作のポテンシャルを感じませんでした…。
今のところの評価は、「たっくん」さんの評価に近いかな…。
自分に合わなかっただけだと思いますが…。
でも、プレイできて良かったです!

-------------------------
【翡翠の商人】
この当時話題のゲームをいよいよプレイすることができました。
翡翠の商人1
うん、面白いです!
好きなゲームだし、思っていた方が良いゲームだと思いました。
ただ、「ゲームの幅」はそんなに広くはないかなあ?
競りゲームに最初に触れるゲームとしては、かなり良いと思います。

-------------------------
【パルサー2849】
続いて、パルサー2849をプレイしました。
パルサー2849_3
やっぱりこれ、大好きです。
本当に良いゲームだと思います。

-------------------------
【ラマ/L.A.M.A.】
世間で「すごい面白い!」、「クニツィア天才!」と喝采を浴びている作品です。
期待して取り寄せて、いよいよプレイすることができました。
ラマ1
…面白くない…。
少なくとも、それがこの日この場にいた全員の共通認識でした。
…少なくとも、自分たちには合わないな、と思いました。
僕らはもう、少年じゃないのでしょうか(遠い目)
…放出決定です…。
-------------------------

この日は以上でお開きとなりました。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします!

3月末の七戸ゲーム会です。

-------------------------
【海戦ゲーム(名称不詳)】
ゲームの名前忘れてしまいました(すみません)
WW2の海戦ゲームです。
マリアナ会戦 (1)

マリアナ会戦 (2)

-------------------------
【SFの対戦ゲーム】
このゲームの名前も忘れてしまいました…(すみません)
アイテムやエネルギーなどを集めながら戦う、FPSのTVゲームみたいなゲームです。
シンプルで面白かったです。
SF対戦ゲーム1

-------------------------
【クルセイダーズ】
ロンデルをやりながら異教徒を討ち倒し、東を目指すゲームです。
重ゲに見えますが、インスト含めても1.5時間で終わります。
クルセイダーズ2 (1)

クルセイダーズ2 (2)

クルセイダーズ2 (3)

-------------------------
以上でお開きとなりました。
皆さんありがとうございました。

11月24日の青森ゲーマーズネストの例会(七戸ゲーム会)に参加しました。

-------------------------
【Hammer of the Scots】(Columbia Games)
パパスさんに、「積み木ゲーム」(積み木を立ててプレイすることで、「戦場の霧」を表現しており、相手からはどの兵か分からないままプレイするゲーム)の名作「Hammer of the Scots」をプレイさせていただきました。
映画「ブレイブ・ハート」で有名なウィリアム・ウォレスのスコットランドの反乱が舞台です。
いたうが青のスコットランド側を担当しました。
HoS1 (1)
上図の三角形の印が、兵力(0になると全滅)。右下の英記号が攻撃順(Aが最速)。左下の数字が戦闘力(6面ダイスを振ってその数字以下が出ると命中する)です。

-------------------------
開始直後。
下画像の手前側が北(スコットランド側)になります。
ご覧のとおり、スコットランド側は一枚岩ではなく、半信半疑のため未だにイングランド側についている勢力が多いのです。
HoS1 (2)

-------------------------
スコットランド側は、2正面作戦を避けるべく、まずは北方勢力を「説得」していきました。
HoS1 (3)

-------------------------
序盤のヤマ。
中部での会戦。
ここで、ウィリアム・ウォレスが姿を現しました。
ウィリアム・ウォレスは強いのですが、「(無傷で)いるということが最大の抑止力」だと思うので、投入して万が一兵力を減らしてしまえば、そこから相手は怒涛のように攻めてくるでしょう。
リスキーではありましたが、中部でウォレスに注意を払ってもらい、その間に北方を平定しようという考えでありました。
HoS1 (4)

-------------------------
次のターンも、後ろを囲まれるのを恐れずに、逆に北への圧力を減らすために、わざと攻め込んだりしました。
ここを突破されれば、がら空きの南に注意を払ってもらうためです。
HoS1 (5)

-------------------------
6ターン時に、やっと北方を統一しました。
これで、何とか南に集中できます。
HoS1 (6)

-------------------------
ここからパパス・イングランドが怒涛の攻め。
減っても次のターンにはMAXで戻ってくる民兵や騎士団を前面に出し、すり潰しに来ました。
これが一番辛い…。
HoS1 (7)
スコットランド側は、無為に兵力を減らす訳にはいかないので、決戦を避け、泣く泣く北側へ撤退していきました。

-------------------------
イングランドは、決着を付けようと王も前面に立ち進んできました。
その中、ウォレスとの一大会戦を迎えました。
偶然接触したのですが。
必死のダイスロールの結果、ウォレス側のダイス目が爆発し、イングランド側の兵が溶けていきました。
HoS1 (8)

-------------------------
この会戦で、イングランド王が討たれ、イングランド側が投了。
スコットランドは悲願の独立を果たしたのでした。
HoS1 (9)
-------------------------
(感想)
やっぱり「積み木システム」最高です。
システムはシンプルでありながら、ダイス目に一喜一憂する「半丁博打」感もあり、中身が見えないことによって、ポーカーのようなブラフ要素もありますし。
なにより、市民兵などのユニットが、減っても次のターンには全開で復帰してくるため、前線に立てて、貴族勢力は後ろから押していく、という中世的な流れに、個々人の倫理観はともかく自然とそうなるのが素晴らしいなと思うのです。
最高に面白かったです。

-------------------------
【フィンカ】
続いて、フィンカを2人でお試しプレイしました。
フィンカ2 (1)

-------------------------
二人でも面白いですねこれ。
イケます。
フィンカ2 (2)

-------------------------
負けました。
フィンカ2 (3)

-------------------------
隣の宅では、こちらもブラインドシステムのゲームをプレイしておられました。
ゲーム名聞きそびれました(^-^;)
2018-11-24 15.43.48
-------------------------
この日は以上でお開きとなりました。
皆様、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

このページのトップヘ