いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 青森ボードゲーム例会

2月の青森ボードゲームクラブの例会に顔だけ出してきました。

-------------------------
【オロンゴ】
クニツィア。
やりたかったー(つД`)
オロンゴ1

-------------------------
【ガイアプロジェクト】
隣のテーブルで。
こちらもやりたかった…。
ガイアプロジェクト4
後ろ髪引かれつつ退出しました。

<麺屋ボドゲ会>
-------------------------
【コロレット】
時間調整で。
久しぶりにプレイしましたが、やっぱり面白いですね。
コロレット1

-------------------------
【パンデミック・レガシー1st】
皆様にお願いをし、プレイさせていただきました。
まあ、ネタバレすることはないと思いますので、当たり障りのない画像を掲載します。
パンデミックレガシー1 (1)

パンデミックレガシー1 (2)

-------------------------
アジアが大ピンチ。
パンデミックレガシー1 (3)

-------------------------
ゲームから「破れ」と指示されたら、躊躇なく破っていくスタイルです。
パンデミックレガシー1 (5)

-------------------------
パンデミック・レガシー最高。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー(・∀・)!

昨年の書き残していたゲームのレポートです。

<青森ボードゲームクラブ例会36(10月)>
-------------------------
【エルドラド】
この日は午前中までの参加でしたので、初参加の方もいらっしゃったので、素早くできるエルドラドをプレイしました。
エルドラド6
暖房がつくのが11月からで館内が滅茶苦茶寒かったので、家からストーブ運んできました。

bc201710222


<麺屋麻雀会>
-------------------------
【ハーフパイントヒーローズ】
時間合わせでプレイしました。
トリック数を当てるというのが苦手な部類なんですが、面白かったです。
ガチガチにやると魅力半減するんだと思いました。
麺屋さんの雰囲気でワイワイやるのがゲームに合っていて、本当に最高でした。
あと、カードの人物がブンデスリーガのユニフォーム(似せたやつだけど、見る人が見れば分かる)を着ていたりしていたところが面白かったです。
ハーフパイントヒーローズ1

-------------------------
【麻雀】
結局3人麻雀やりました。
3人麻雀初めてやりましたが、これもバカゲーっぽくなって最高ですね。
麺屋麻雀4

<麺屋ボドゲ会へ行ってきた23>
-------------------------
すぐに帰る人がいたので、すぐにできるキングドミノをプレイしました。
あっさりしすぎてると感じなくもないけど、ビジュアルは良いし、面白いですよね。
あっさりしすぎているように感じますが。
やっぱねー、競りがないとねー(笑)
というわけで、どっちかっていうとおじさんはスカイアイランドだなあ。
キングドミノ2

-------------------------
【ラブレター:バットマン】
まだラベル貼ってませんでしたが、プレイしていただきました。
ありがとうございました。
ラブレターバットマン1 (1)

-------------------------
イラストが最高です。
ラブレターバットマン1 (2)

-------------------------
【キャピタルラックス】
クロさん持ち込みの。
何これ、面白い…。
帰って即ポチしました。
キャピタルラックス1

-------------------------
【フルーツジュース】
和訳ラベルを全て貼り終え、変態サイズのスリーブに合うスリーブを海外から取り寄せて。
プレイしました。
場に並んだサプライをそのままジップロックに入れれば続きができるというレガシーシステムです。
フリーゼの天才肌(自分はフリーゼこそ天才だと思っていますが)が存分に感じられるゲームです。
これとか「大統領になる方法」とかもそうですが、フリーゼの、一見悪趣味なパロディに見えるんだけど、その切り取り方が鋭いところ、好きです。
フルーツジュース1
-------------------------

10月は以上でした。
皆様、ありがとうございました(・∀・)!

9月10日、途中参加、途中退出ではありましたが、青森ボードゲームクラブ例会35へ行ってきました。

-------------------------
【宝石の煌き】
いたうが顔を出したときに皆さんがプレイされていました。
外から見ていても、手に汗を握る白熱した一戦でした。
宝石の煌き2

-------------------------
【バックギャモン】
ハラさんに指導していただきました。
楽しいけれど、ままならぬ。
バックギャモン3

-------------------------
【横濱紳商伝】
隣の卓でプレイされていたゲームです。
16

-------------------------
【バトルライン】
つづけてハラさんと。
負けました(つД`)
でも、面白かったです。
バトルライン2
新版欲しいなあ。
-------------------------
いたうは以上で退出しました。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!

7月の青森ボードゲームクラブ例会の模様です。
ご新規さんも来ていただいたりして、ありがたい限りでありました。

-------------------------
【アクワイア新版】
ボードが正方形になり、合併時に3位までボーナスがもらえるようになった新版です。
企業も、電力会社や映画会社など多彩になり、ホテル業界を描いたこれまでのアクワイアとはモチーフが変わっております。
アクワイア新版1 (1)
株券の枚数も偶数になっていたりしています。

-------------------------
見た目はなかなか、ですが。
アクワイア新版1 (2)

-------------------------
ふとハルダカさんの手元を見たら、日の向きの影響で、タイルがうっすら透けてましたw
まあ、判別できるほどではありませんが(と思いたい)
アクワイア新版1 (3)

-------------------------
最初は順調に合併に絡んでいけてたのですが、中盤から締められてキータイルを握りつぶされていたようで、まったく伸びませんでした。
3位だったかな?
アクワイア新版1 (4)

-------------------------
(感想)
タイルや色を塗らなければ見づらくてしょうがないボードやチープでちっともグッとこない株券など、コンポーネントの魅力では、Wizards of the Coast版にも及びません。
ただ、3位までボーナスを獲得できるということで、脱落は少なくなってると信じたいです。
思い出補正がかかってるかもしれませんので、あと何回かやってみたいと思います。

-------------------------
【エルドラド】(1回目)
クニツィアによるデッキ構築ゲームです。
エルドラド2 (1)
やっぱり面白いです。
脳髄にガツンとは来ないけれど、安定しているし、システムとモチーフの噛み合い具合は素晴らしいものがあると思います。

-------------------------
【エルドラド】(2回目)
今度は洞窟タイルを入れてプレイしました。
タッチの差で負けました…。
エルドラド2 (2)
-------------------------
いたうは以上で帰宅しましたが、その後もたくさんプレイされていたようです。
皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

abc20170723
©ハルダカ



2月26日に、青森ボードゲームクラブ例会が開催されました。

-------------------------
【War of the Ring】
いたうはハラさんと「War of the Ring」(第2版)
念願のアニバーサリーエディション版でのプレイです。
1時間以上のルール説明の後、早速プレイです。
いたうが自由の民側、ハラさんが冥王軍側です。
War of the Ring1 (1)
マップも1.5倍くらいあって、並べただけで感動しました。
圧巻です。

War of the Ring1 (3)

-------------------------
ハラさんは、序盤からかなり攻めてきました。
しかも、フロドの移動経路と目される地点にナズグルを派遣する念の入れよう。
良いですね。
自由の民側は、危機意識が低く、参戦状態になるまでかなりの時間がかかります。
1~2回アクションダイスを投入すれば参戦状態になる冥王軍側とは雲泥の差です。
そこで、世界の危機を伝えるために、「指輪の仲間」(レゴラスやギムリ、馳夫など)を各国へ派遣しなければなりません。
War of the Ring1 (4)

-------------------------
魔王(黒の総大将)が出現しました。
これにより、自由の民側の国全てが「積極的」になりました。
「積極的」になっていなければ、どんなに参戦に近づいても参戦状態になりません。
各代表者たちは、黒の総大将の出現を感じ取って、さすがに危機感を覚えたのです。
War of the Ring1 (5)

-------------------------
自由の民側は、ローハンとゴンドールが参戦しました。
いずれも対冥王軍の矢面に立つ国です。
War of the Ring1 (6)

-------------------------
オスギリアスに陣取ったゴンドール軍に対し、モルドール軍が進んできました。
ほぼMAX同士のぶつかり合いです。
オスギリアスに陣取っているゴンドール軍の方に多少の地の利があるとはいえ、自由の民側の戦闘ユニットは有限であるのに対して、冥王軍のユニットは無尽蔵です。
自由の民側にこのような戦闘を何回もすることは無理です。
War of the Ring1 (7)

-------------------------
また、ローリエン(ロス・ローリエン)にも、ドル・グルドゥアとモリアからの軍勢が押し寄せています。
こちらには手が回らず(参戦していないので)、小兵力。
陥落は止む無しか…?
War of the Ring1 (8)

-------------------------
大鷲を呼ぶなどしてナズグルを退けたりしましたが、いかんせん数が足りない。
そのため、オスギリアスで無理をすることを避け、相手の兵力を半減させると、ミナス・ティリスへ退き、籠城戦を覚悟します。
このゲームの籠城は、かなり固く、倍の兵力がないと陥落させることは難しいです。
南(画面上側)のペラルギアには南蛮が上陸し、支配されてしまっています。
War of the Ring1 (9)


-------------------------
ミナス・ティリスは包囲されていますが、ここに馳夫とボロミアが救援に。
そして、馳夫はアラゴルンへと覚醒!
数千の兵にも匹敵する援軍を得ました!
そして、相手の兵力が減ったために退却していきます。
ここはチャンス!
War of the Ring1 (10)

-------------------------
ここでゴンドールは攻めに転じ、オスギリアスへ。
そして兵力が無くなったことにより、ナズグルと黒の総大将を討ち取ることに成功しました!
War of the Ring1 (11)

-------------------------
そうこうしている間に、フロドとサムはというと。
何と一行は、モリア鉱山を避け、西回りでモルドールを目指していました。
ところが、メリーとピピンが死んでしまったため、案内役がゴラムになりました。
War of the Ring1 (12)

-------------------------
翻ってローハン。
ここは、サルマンを倒そうと、本拠地オルサンクへ攻め込みました。
もう次はない決死の一戦です。
気分は「トップをねらえ!」です(古い)
War of the Ring1 (13)

-------------------------
しかし、ガンダルフやレゴラスを投入するも、オルサンクは落とせません。
籠城しようがユニットを生産したり成長させることができるからです。
War of the Ring1 (14)

-------------------------
シャイア(ホビット庄)の占領に向かっていた軍勢が向かってきたので、ローハンの侵攻軍は退却しました。
War of the Ring1 (15)

-------------------------
ここで、攻勢の手を緩めなかったアイゼンガルド軍は、ローハンへ侵攻。
ヘルム峡谷に籠るも、陥落。
ギムリも戦死しました…。
War of the Ring1 (16)

-------------------------
ローリエンに侵攻して手薄になったドル・グルドゥアを攻め落とそうと残った兵をかき集めて攻め込みましたが…。
やはり、陥落させることはかないませんでした。
War of the Ring1 (17)

-------------------------
ここでいたうは投了。
完璧に主導権を握られ、こちらの手は全て上手くさばかれての完敗でした。
War of the Ring1 (18)
-------------------------
(感想)
いやあ。
負けたけれど満足。
そんな気持ちになれるのは、本当に凄いことです。
素晴らしい。
赤い矢を放ちローハンに危機を知らせ、ガラドリエルが大いなる力を使い森を守り、港から南蛮が押し寄せ、大鷲が空を舞い、ナズグルを薙ぎ払い、エントがオルサンクへ襲い掛かる。
「指輪物語」の全てのテイストがここにあります。
プレイできる機会があるなら、ぜひプレイしていただきたい。
そういうゲームです。
War of the Ring1 (19)
ハラさん、ありがとうございました!

-------------------------
その他には、「インベーダーズ」、「プラネットディフェンダー」、「プエルトリコ」、「魔法にかかったみたい」、「ワインレーティング」、「サンクトペテルブルク」、「ブルゴーニュ」、「SCYTHE」、「ハートオブクラウン」、「ヘックメック」、「yonkmoku(よんもく)」、「たんとくおーれ ドキドキバケーション」、「4人の容疑者」等が行われ、さらには今回TRPGの「ダブルクロス The 3rd Edetion」がプレイされました。

参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
次は3月26日です。
またよろしくお願いします!

このページのトップヘ