いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 青森ボードゲーム例会

2020年12月27日、2020年最後の例会が開催されました。

-------------------------
【宝石の煌めき】(2回)
最初は宝石の煌めき。
自分の中で、面白いけれど、勝てないゲームの代表格。
宝石の煌めき06
負けー。
でも、隣の娘さんのプレイをのぞいて、コツをつかんだ気がする。
もう一回再戦をお願いしました。

(2回目)
…勝てましたー(・∀・)!!
スピードと縦・横をにらむこと。
嬉しい!
何か分かった気がするw
宝石の煌めき07

-------------------------
【異世界ギルドマスターズ】
噂の作品をプレイする機会を得ました。
自分の担当は、商人のアリシアさんでした。
異世界ギルドマスターズ01
負けましたけど、確かにテラフォに似てる感じがします。
が、ちゃんと世界観を表現してると思うし、これは良いゲームだと思いました。

-------------------------
【炭鉱讃歌】
3人で炭鉱讃歌をプレイしました。
炭鉱讃歌03 (1)

-------------------------
終了。
159(はるだかさん)vs125(いたう)vs110(むらおさん)でした。
開始から1時間きっかりで終了。
このタイムパフォーマンスを上回るゲームもなかなか思いつきません。
非常に良いゲームです。(2万出して買うほどではありませんが)
炭鉱讃歌03 (2)
-------------------------
以上でお開きとなりました。
多くの人にご参加いただき、本当にありがとうございました!
abc0079

翌日の9月26日に開催された青森ボドゲ会に参加してきました。

-------------------------
【コリントス】
紙ペンダイスゲームです。
コリントス01
面白かったなあ。

-------------------------
【4つの評議会】
念願叶って手に入れられたゲームです。
バラージの作者の作品です。
各所にバラージにも通じる要素が見え隠れして楽しいです。
色が描いてあるだけのカードを集めて、4つある評議会の議員の色と同じ色を払うと(足りない分はお金で解決)、町の営業権を手に入れられ、商館を建設できます。
商館を建設した時に、その町のボーナスを手に入れられます。
そしてさらに、建てた都市に自分の商館がある他の町がつながっていれば、それらの町のボーナスも獲得できます。
これが気持ちいい!
連鎖最高!
4つの評議会01 (1)

-------------------------
いたうは青です。
4つの評議会01 (2)
赤は連鎖よりも、各地方の特定の色の都市に進出して進出ボーナスを獲得する方針です。

-------------------------
終了です。
いたうは最下位でした。
4つの評議会01 (3)
いやー、このゲーム素晴らしい!
インスト込みで1時間30分に収まります。
それなのにやりごたえは十分以上。
スゴイ切れ味。
すごいゲームです。

-------------------------
【Q.E.】
根付け自由の競りゲーです。
一番お金を使った人は問答無用で失格です。
QE01 (1)

-------------------------
これでゲームになるのかと最初は思うのですが、それはそれで何とかなるのです。
読みあいもあります。
でも、思惑がメチャクチャずれる時もあるし。
不思議なゲームです。
QE01 (2)
この回は自分がお金を使いすぎて失格になってしまいました。

-------------------------
この他にも色々なゲームがプレイされました。
acb75
-------------------------
みなさん、ありがとうございました!

8月9日、青森ボドゲ会73が開催されました。

-------------------------
【ヴードゥプリンス】
クニツィアの傑作トリテ。
時間調整にピッタリです。
ヴードゥプリンス7 (1)

ヴードゥプリンス7 (2)

-------------------------
【フランチャイズ】
胡椒袋というゲームのリメイクだそうです。
都市に自分のフランチャイズの店を出店させます。
手番の最初に、自分が出店している都市の数字分だけお金がもらえますが、店が(自分も他プレイヤーも含めて)出店してくると、収入が減っていきます。
自分や他プレイヤーのコマが過半数に達すると都市の中央に勝利点が獲得され、その都市からは収入がなくなります。
過半数のプレイヤーがいなく、マスがなくなった場合は、最多のプレイヤーが、中央の数字の半分の勝利点を獲得します。
さらには、10のエリアでもマジョリティが発生します。
フランチャイズ2 (1)

-------------------------
収入と勝利点の切り替えの妙、システムの絡み具合が最高です。
時間も短時間で終わる、非常に今風の優れたゲームです。
フランチャイズ2 (2)

フランチャイズ2 (3)

フランチャイズ2 (4)

-------------------------
【Gold West】
マンカラを活用したシステムが秀逸なゲームです。
リソースを使ってテントを建てたり得点カードを取ったりボーナスを獲得します。
テントを建てた場所のタイルに描かれた資源を自分のマンカラトラックの1マスに置きます。
ゴールから遠いマスに置くと、より高い勝利点が得られます。
これも短時間で終わります。
ゴールドウェスト1 (1)

ゴールドウェスト1 (2)

ゴールドウェスト1 (3)

-------------------------
獲得した地形タイルで、セットを作るか、1種類を多く集めるとより高得点になります。
ゴールドウェスト1 (4)
こういうゲームがインスト込み1時間半くらいでプレイできるようになるんだから、本当に進歩しているんだなあと感じます。

-------------------------
【テラフォーミングマーズ】
いつまで経ってもコツを掴めないので、かなりユルくやってもらいました。
テラフォーミングマーズ4 (1)

テラフォーミングマーズ4 (2)

テラフォーミングマーズ4 (3)
負けたけど楽しかったー。
やっぱり良くできてますね。
箱庭感とインタラクティブ具合が絶妙だと思います。
-------------------------
自分は以上で先に退出しました。
それ以降も色んなゲームが遊ばれたようです。
abc73
ありがとうございました!

7月18日、青森ボードゲームクラブの例会が開かれました。
主だった施設が2時間限定という中でしたので、確保するのに苦労しましたし、我々のイベントで感染者を出す訳にもいかないということで、ある意味で手探りで、緊張に包まれた開催でした。
やるかやらないかは主催側でもかなり議論しました。

-------------------------
【イーオンズ・エンド】
話題のイーオンズ・エンドをプレイする機会を得ました。
蟻の女王的なモンスターの討伐シナリオでした。
イーオンズ・エンド1 (1)
自分はこのキャラ。

-------------------------
今回の場のカード。
ここからカードを購入するんですが、このゲームの肝は、自分の山札をシャッフルしないということです。
ですので、買う順番もかなり気を使います。
イーオンズ・エンド1 (2)

-------------------------
いやあー、厄介な敵でしたねえ。
かなり苦労しましたが、みんなで相談してチームワークでクリアしました。
イーオンズ・エンド1 (3)
おもしろい!
このゲームにはそれ以外に必要なし。
機会があればプレイされることをおススメします!

-------------------------
【プラネットスチーム】
ほぼ5~6年ぶり。
蒸気に満ちる惑星からクリスタルを掘って売りさばき、水を買ったりしながらお金を稼ぐゲームです。
80年代に生まれた名作PCゲーム「M.U.L.E.」にインスパイアされたゲームです(M.U.L.E.、大好きで何度も遊びました)。
スチームプラネット1 (1)

-------------------------
このゲーム、とにかく資源がキツキツで、中央市場から購入することもできるのですが、中盤からは市場から品物が消えて「ほぼ買えません」。
もうみんな阿鼻叫喚です。
スチームプラネット1 (2)

-------------------------
終了。
721(いそさん)vs590(いとうさん)vs579(いたう)vs528(べちさん)
でした。
とにかくタイルやタンクなどがものすごい数。
これぞアメゲー、というような物量。
スチームプラネット1 (3)
やれてよかったです。

-------------------------
【フィンカ】
これぞドイツゲーム!という感じのゲームです。
これ楽しめれば何の心配はいらないではないのでしょうか。

スペイン(地中海)のマジョルカ島の農家になり、様々な果物を栽培し、10個あるエリアに出荷します。
円形に並んだ風車がアクションマスで、自分の色のコマを一つ選択し、そのコマにあるコマの数(自分+他プレイヤー)分時計回りに移動し、移動終了したマスにあるコマの数(今着いたコマ+自コマ&他コマ)分、そのエリアに描かれた果物が手に入ります。
各エリアには、求められている果物が描かれていて、その分支払うと、タイル(勝利点)を得ます。
一定エリアのタイルがなくなった時にゲームが終了し、一番勝利点を持っていた人が勝利します。
フィンカ4 (1)

-------------------------
終了です。
50vs48vs43ということで、自分がビリだったんじゃないかな?
フィンカ4 (2)
とにかく良くできたゲームです。
おススメです。

-------------------------
【SCOUT】
最後にスカウトをプレイしました。
スカウト2
これも本当に良くできたゲームですよねえ。
天才だなあ。
素晴らしいですよねえ。
いたう、勝ちました。
-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさんありがとうございました。
abc72










1/25、青森ボードゲームクラブの例会第66回でした。
この日、昨夜のGHがあまりに悔しかったのと面白かったのとで、例会に持ち込み、誰かいたら一緒にやろうと思いましたが、皆さん他のをプレイしていたので、ソロをやろうということになりました。

-------------------------
【GHソロ】
ソロ(というかランダムシナリオ)は、3枚のカードをめくってその組み合わせのダンジョンやマップを進むというもの。
今まで出てきたことのないような凶悪なモンスターが出てきて、ビビりました。
GHソロ1 (2)

-------------------------
マップを進んだものの、途中でスタミナ(手札)切れ。
シナリオ失敗でした…。
GHソロ1 (3)
-------------------------
私はこれのみで退出しました。
ご参加された皆さん、ありがとうございました。

このページのトップヘ