いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: 友人宅ゲーム会

8月15日。
忙しい日常。
楽しみのないこんなポイズンな世の中。
そんな世の中にあって、貴重な休みであるお盆休みの午後に、集まってせめてボドゲをやろうと、集まりました。
弘前に。
そんな愛すべきボドゲ野郎たちの物語です。

-------------------------
【スターライトステージ】
プレイヤーは、弱小プロダクションのプロデューサー。
事務所には、新人である、芸能界の卵しかいません。
でも。
「卵」だからこそ、何者にでもなりうるのです…。

プレイヤーは、手番で「歌唱力」、「演技力」、「ビジュアル」のチップを集めたり、「仕事」を持ってきたり(各種のポイントを獲得できる)して新人に経験を積ませるなどして、シンガーだったり、女優だったり、総合スターに成長させていくのです。
スターライトステージ1 (1)

-------------------------
終了時の「いたう事務所」の所属タレント。
もっとどうにかしてあげたかったという思いも浮かぶけど、何だか思い入れが入って、嫌いになんて慣れない自分がいたりします。
スターライトステージ1 (2)
-------------------------
(感想)
やってみた感想は、宝石の煌きに近い印象を受けました。
奥深さでは、「煌き」に分があるとは思いますが、システムとモチーフ(世界観)の噛み合い具合は、こっちの方が上のように感じました。
アイドルモノに興味のなかったいたうでも、アイドルが成長していくにつれ、思い入れが入ってきて、グッと来てました。
「とうとうここまで来たね…(感慨)」だったり、
「こんな仕事をやらせてしまってごめんね…」、「こんな仕事しか持ってこれなくてごめんね…」
などと勝手に思ったり。
キモイ…。
でも、何故か忘れられないゲームです。

-------------------------
【コンコルディア:ガリア】
多分、ガリアマップです。
コンコルディア22 (1)

-------------------------
やっぱり面白い。
4位だったかな?
コンコルディア22 (2)
-------------------------
(感想)
やっぱり面白いです。
特にコンコルディアをプレイしていて、好きじゃない苦しさにもかかわらず、何故面白いと感じてしまうのか、といったことを考えてきたんですが、ゲルツ氏のインタビュー記事を読んで、今これを書いている時に、この画像を見た時に分かったような気がしました。
「ほとんど全てが盤面に見えている」からなんだと。
ほぼ全てが盤面に見えているにもかかわらず、さらに選択肢は2~3つくらいにもかかわらず、ソリティアにもなっていないし、将棋や囲碁のようなアブストラクトにもなっていない。
これって、本当は凄いことなんじゃないかと。
凄いというか、偉大なことなんじゃないのかなあと。
そういうところに思い至りました。

ゲルツさん、あんたは凄い。
ありがとう。

-------------------------
【ラブレター】
最高に盛り上がったラブレターでした。
このまま一生やっていたいくらい。
本当に素晴らしいメンツに出会えて、感謝しかないです。
ラブレター1

-------------------------
以上でお開きとなりました。
みなさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いします(・∀・)!


10月の土曜、三八地方の友人宅で、いたうの試験終了の慰労を兼ねた飲み会が催されました。
その中で、酔いが回った状況でも楽しめるゲームを持っていき、やるチャンスがあったのでプレイしました。

-------------------------
【ゲシェンク】
いたうが持って行ったのは、ゲシェンクでした。
コインを出すか、失点カードを引き取るかだけの2択。
これくらいシンプルでなければ、酔いが回った中では楽しめないだろうと思い、持っていきました(逆に言えば、このゲームであれば、どんな人でも楽しめるだろうとは思っていました)
ゲシェンク1 (1)

結果は皆さんに受け入れていただきました。
もう、10回以上はプレイしたでしょうか。
やはりこの中毒性はハンパないですね。

-------------------------
【ベガス】
続いては、訪問先の友人が持っていたベガスをプレイしました。
こちらも、シンプルながらも止め時がわからない名作です。
ベガス(友人)2
素晴らしいゲームです。

-------------------------
【ゲシェンク】(第2章)
ベガスの後に、「もっかいやろう」ということになり、ここから意識が飛ぶまでさらに10回弱ほどプレイしました。
ゲシェンク1 (2)

ゲシェンク1 (3)

いやあ…。
幸せだなあ…。
-------------------------

以上でお開きになり、各自眠りにつきました。
おいしいお酒、美味しい料理、下らないバカ話、そして面白いゲーム。
思い出に残る一日でした。
みなさん、ありがとうございました。
また飲みましょう!

この日は、青森からの参加者がいないため、いたうが弘前へお邪魔して開催されました。
ありがとうございます。
いたうの仕事が終わり、仕事場から弘前まで、片道100km(帰り道は40km)かけて到着。
すでに皆さんいたので、さっそくプレイしました。

-------------------------
【ナショナルエコノミー】
もう皆さんプレイ済みなので、インストもなく即プレイ。
ナショナルエコノミー11

-------------------------
このゲームのために、ミープルコマを購入。
やはり、こちらの方が、視認性も見栄えもプレイアビリティも向上しました。
今回は、みんなが建物を売却しないため場に流れてこず、自ら建設した建物もカードを増やす建物をなかなか建てられなかったために、全体的に「渋い」展開でした。
ナショナルエコノミー12
そんな中、「工業」系を建ててコンボで手札をブンブン回し、「工業系カード一枚ごとに8勝利点」というカードを建てることに成功したいたうが、何とか1位でした。

やはり面白いです。

-------------------------
【ロール・フォー・ザ・ギャラクシー】
続いては、ロール・フォー・ザ・ギャラクシーをプレイしました。
今回は、こーさんにやられました。
こーさんが順調に惑星を発見し、技術を発展させていく中、終了時のいたうの「文明圏」が、これです(´・ω・`)
しょぼい。
ロール2 (1)

-------------------------
これが、こむらさんの盤面。
ロール2 (2)
-------------------------
やはり、プレイ中に把握しなければならない手元のカードやタイルが少ないというのは、やはり良いですね。
プレイ間の割りにちょっと時間がかかるのが難点といえば難点ですが。
ただ、ダイスの数などを管理しながらあれこれ考えるのは、いたうは好きですね。

-------------------------
こーさん宅のネコちゃん。
プレイしているすぐ横にいるのに、ちょっかいもいたずらも皆無の、おりこうちゃんです。
45

-------------------------
【Aコードで行こう】
つい先日届いた、評価の高いトリックテイキングゲームです。
Aコードでいこう1
ただ、何となくモヤっとした印象でした。
今回は。
何というか、カードの強さというか価値というか、そういうのがあやふやな中で何となく手札を出していく感じで。
作者の言うとおり、これが「流れに身を委ねながら、その中をスイングしていく」ということなのでしょうが、ちょっとうちらの肌に合わなかった感じでした。

でも、コンポーネントは最高級でした。
世界に出しても引けをとらない素晴らしさだと思いました。
-------------------------

この日は、以上でお開きとなりました。
お集まりいただいた皆さん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー(・∀・)!



この日は3人で、こーさんの家での開催でした。
いつもありがとうございます。
この日は、テラ・ミスティカをプレイしました。

-------------------------
【テラ・ミスティカ】
いたうは青でマーメイドでした。
テラミスティカ1 (1)

-------------------------
初期配置はこんな感じです。
赤はソーマさんで巨人、黒はこーさんでダークリング(だと思いました)
テラミスティカ1 (2)

-------------------------
みんなが砦を建てたところ。
テラミスティカ1 (3)

-------------------------
いたうは赤(ソーマさん)に中央の神殿の出先を抑えられ、海を渡ったりします(´・ω・`)
赤(ソーマさん)と黒(こーさん)に比べて、展開で遅れをとってます。
テラミスティカ1 (4)

-------------------------
ここから、黒(こーさん)が、悠々と伸びだし始めました。
テラミスティカ1 (5)

-------------------------
終局図と、得点です。
ボードの外周の得点トラックで、黒(こーさん)に余裕で半周差(約50点差)をつけられました。
盤面では負けてたんですが、宗教トラックなどで地道に得点を稼ぎ、いたうは僅差(6点差)で2位でした。
テラミスティカ1 (6)
-------------------------
(感想)
得点手段も複数あるため、所見で経験者に勝つのは難しいですが、またやりたくなるところはさすがです。
勉強したいと思います。

この日は、贅沢に時間を使ってプレイしたため、以上でお開きとなりましたが、非常に楽しかったです。
参加してくれたソーマさん、場所を提供してくださったこーさん、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー(・∀・)

この日(7月10日)は、青森からの参加者がいたう一人でしたので、いたうが弘前に出向いてゲーム会を開催することにしました。
仕事場(NH地)から、車を走らせ弘前へ。
距離にして、ちょうど99km。
お待たせしてしまいましたm(_ _;)m

-------------------------
【テラミスティカ】
今回は、こーさんが購入したテラミスティカをプレイしました。
みんな1回以上はプレイ済みですので、最低限のルール確認だけでプレイ開始。
いたうは、知ってる種族の中で、やってみたかった「マーメイド」(青)を選択しました。
水辺を利用して、遠くへ展開できるのが持ち味の種族です。
テラミスティカ1 (1)

-------------------------
初期配置はこんな感じです。
こーさんが「カルティスト」(黒)。土地を変化させるのにスコップではなく、「神官」を消費し、家を建てると勝利点も獲得できる種族です。
ソーマさんは「巨人」(赤)です。
全ての土地を2スコップで変化させることができる種族です。
テラミスティカ1 (2)

-------------------------
開始早々、「神殿」を建設するいたう(青)とこーさん(黒)。
隣接しているエリアで他プレイヤーが建設すると、エネルギーをもらうことを選べます(勝利点が減るが)
ここら辺の絡みを見つつ、適度な関係性を保つことが大事です。
テラミスティカ1 (3)

-------------------------
ここから手早く陣地を広げていくいたう(青)。
ただ、こーさん(黒)は、さすがですね。
研究をしっかりしてきたと思われ、エリアを確保し、施設を建てるごとに勝利点を獲得するタイルを集めるなどして、着々と得点を重ねていきます。
外周の得点ボードを見てください。
20点以上の差が付いています…。
テラミスティカ1 (4)

-------------------------
そして、ソーマさん(赤)にも、マーメイドのお家芸であるはずの「最長路線」を獲られることが確定し、行き詰っているのが明らかな盤面。
リソースの管理に四苦八苦で、それだけで手一杯でした。
テラミスティカ1 (5)

-------------------------
ならばと、いたう(青)は、四大宗教(地水火風)でなるだけトップに立ち、勝利点を獲得する方向にシフト。
ここでゲームが終了し、こーさんが110点オーバー、いたうが81点、ソーマさんが75点という結果で終わりました。
テラミスティカ1 (6)
-------------------------
(感想)
やはり、これは面白い。
BGG2位は伊達じゃない。
カヴェルナと良い勝負(一人当たりの平均点はカヴェルナの方が上)
ただ、これは如実に研究の蓄積が結果に出ますね。
初心者や初プレイ者とまともに同卓したのでは、絶対に乗り越えられない壁があると思います。
ただ、じゃあ一緒にプレイできないのかというとそうではなくて、初期点が20点から始まるので、レベルの差に合わせて10~15点くらいマイナスしてスタートするだけでかなり良い勝負になるんじゃないのかなと思います。
それだけのちょっとした変更で実力差を調節できるのは、碁と似ていて、好ましいなあと思いました。

この日はグダグダ話しながらのプレイで3時間でしたが、このゲームはこの半分くらいでまわせると思います。

この日は以上でお開きとなりました。
場所を提供していただき、ありがとうございました。
またよろしくお願いしますー(・∀・)!

このページのトップヘ