いたうのブログ

平日夜や週末に青森市やその周辺でボードゲームやっています。
そのプレイ日記です。
青森ボードゲームクラブを運営しています。
参加者募集中です。

カテゴリ: ゲームランキング

今年もやってまいりました。
いたうが今年プレイした狭い範囲でのゲームランキングです。

 (殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン
デウス
ガイアプロジェクト
マンション・オブ・マッドネス第2版

-------------------------
1位:アクアスフィア(殿堂入り)
2位:クラフトワーゲン
3位:パルサー2849
4位:Hammer of the Scots
5位:エスノス
6位:フィンカ
7位:ヴードゥー・プリンス
8位:テオティワカン
9位:キョンシー
10位:カヴェルナ:忘れられた部族

(次点)
・マルコポーロの旅路
・キャピタル・ラックス
・ザ・マインド
・グレート・ウェスタン・トレイル
・ルクソール
・汽車は進むよ
・リバーボート
・トランスアトランティック

マルコポーロもGWTもキャピタル・ラックスも押し出された、だと…?
上から順に書き出していくと、こうなりました。

アクアスフィアは文句なし。
このゲームに出会えて良かった。
ボードゲームをやってて良かったと思える一作でした。
フェルドとは相性が悪く、点数が辛くなりがちだったのですが、この作品は自分にとって別格でした。
今までプレイしたゲームの中で、最も手番順の有利不利が少ないと思える作品ですし。
まだ手に入るので、この分を読まれた方は、手に入れることをお勧めします。

クラフトワーゲンは、一般に「佳作」と評されがちな作品ですが、どこかにあるようなシステムとシステムを組み合わせて、最高のパフォーマンスを発揮するとこうなる、というような作品です。
任天堂みたいなもんでしょうか。
この作品も、本当に素晴らしいと思います。

パルサー2849は、本当に心をくすぐられる作品でした。
アクションダイスを取るフェイズの見事さ、各要素の絡み具合、ソリティア風味とインタラクションの割合、勝ち筋の多様性、どれもこれも一流だと思います。
この順位なのは、この要素がトゥーマッチな人もいるだろうなというところです。
またプレイしたいと思っているので、来年には殿堂入りするんじゃないんでしょうか(^-^;)

Hammer of the Scotsは、積み木システムなんでね、高い順位に入ってきて当たり前ですよね(^-^;)
「システムに遊ばされる」のではなく、対人の駆け引きが存分に味わえるというところが、大好きです。

エスノスは、1時間程度で濃厚なマジョリティとセットコレクションが遊べるというところが素晴らしい作品です。
登場する種族カードが違えば、また違った展開になるところも良い。
John Howeのイラストもまた素晴らしい。

フィンカは、素晴らしいとは聞いていましたが、これもまたシステムが素晴らしいですね。
駆け引きもあるし、運とロジックの割合も良い。
2人でも面白かったのには驚きました。
買って良かったです。

ヴードゥ・プリンスは、クニツィア会心の一作でしょう。
最小限のルールで、多様な展開を描き出しています。
個人的にはトリックテイキングで遊びたければこれが良い、という作品だと思います。
納豆ネバ~。

テオティワカンは、本当に今風の作品といった感じ。
システムが本当に洗練されているように感じました。
モチーフを描き出そうと努力しているのを感じるのもまた、好感触でした。

キョンシーは、家族で楽しめたゲームであったこともたしかでしたが、システムとモチーフが最高に絡み合っていました。
子どものキョンシーが、寂しくて誰かと一緒にいたいから、迷い込んできた子供を捕まえて、自分の棺桶の中に連れ込もうとするんですよね。
そこだけでもう、物語を感じるじゃないですか。
あと、このシステムはどうやっても外れないですよね。
これぞアナログ。
本当に好きです。

カヴェルナは、本当に久しぶりに遊んだので、その思い入れもあるかもしれませんが、10位に入りました。
種族入って、さらに多様性が出たことにより、他人を気にするよりも自分の盤面しか見なくなりがちになるかなと思うのですが、その多様性はポジティブに受け止めています。
こういう種類のゲームによくある、「○○の種族がいるから、自分の選んだ△△の種族はすでに不利確定」みたいなことも少ないのかなあと。
程よいデザインで、良いと感じました。
ただ、これにより敷居はさらに高くなったことも事実で…。
必須の拡張とは思いません。
無印だけでも十分遊べると思います。
もうそろそろ得点シートがなくなるのですが、どこかで別売りしてないでしょうか…。


以上が、2018年のゲームを振り返った寸評でした。
それもこれも、一緒に遊んでくれた皆さんがいたからこそ。
本当に感謝です。
また来年も、よろしくお願いいたします。

まだ全部プレイ日記を書き切ってませんが、2017年にプレイした中でのゲームランキングです。
今年はそれほどプレイ出来てませんが…。

(殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン

-------------------------
1位:ガイアプロジェクト(殿堂入り)
2位:マンション・オブ・マッドネス第2版(殿堂入り)
3位:エルドラド
4位:ポンジ・スキーム
5位:チャオチャオ
6位:テラフォーミングマーズ
7位:スカイアイランド
8位:スターライトステージ
9位:マクドナルドクルー人生ゲーム
10位:ロレンツォ・イル・マニーフィコ

メセナもクトゥルフ・ウォーズもAbove and BelowもアンロックもCAPITAL LUXもGLUXもイムホテプも入りきりませんでした…。
頭の中で考えていた時は、昨日プレイしたキョンシーが2位だったんだけどなあw

ガイアプロジェクトは文句なし。
システムはテラミスティカなので、保証付きですが、テラミスティカは思ったよりも刺さりませんでした。
そんないたうが、ガイアプロジェクトは刺さりまくりました。
宇宙を舞台にして手番順が変わることになっただけなんだけど、それがすごく良いんです。
ボードゲームはシステムだけで決まる訳ではないんだなあというのを強烈に体感しました。

マンション・オブ・マッドネス第2版は、これは本当に最高。
アプリのおかげで一人でも楽しめますし。
TRPGやってるような濃密な時間を体験できます。
心に残るモノがある、本当に素晴らしいゲームです。

エルドラドは、デッキ構築に対してのクニツィア御大の華麗なアンサー。
ルール説明10分かからず、「スタート」と「ゴール」を設定してレースゲームにしたことで、順位や序盤、中盤、終盤かを可視化したことにより、初心者でも初回から楽しめるようにしたところは、まさにアンサー。
これも、ルールとモチーフの融合していたゲームでした。
こういうゲームはありそうでないです。

ポンジ・スキームは、刺さりました。
システム的には、プレイヤーに依存しているところもあるし、結局は「誰を脱落させるか」を協議して暗黙の内に合意していくゲームなのではないか、と感じるところもなくはないんですが、とにかく面白い。
この粗削りなところも含めて好きです。

チャオチャオは、友人との飲みの席でプレイしたんですが、飲みの席のゲームだったら、このゲームだな、と感じました。
ルールが簡単で、騙し騙されの盛り上がりどころもあるし、システムで嘘をつかなければならない展開があるところも、素晴らしい。
ランドルフ御大の素晴らしき人類遺産だと思います。

今年と言ったら、このゲーム。
テラフォーミングマーズでしょう。
とにかくTLがテラフォーミングマーズ一色でした。
プレイしても、やっぱり面白い。
でも、上から並べていったらこの順位でした。
これも、システムとモチーフの融合度合いが素晴らしいゲームだったと思います。

スカイアイランドは、とにかくシステムに唸らされたゲームでした。
相手の方まで確認しなければいけないのが難点でしたが、システムからして何度でも遊べると思うところも高評価でした。
スコッチやアイルランドモノに外れなし?

スターライトステージも、システムとモチーフが噛み合っていたゲームと感じました。
個人的に、宝石の煌きよりも断然こっち。
素晴らしい国産ゲーム。

マクドナルド人生ゲームも、刺さったゲームでした。
出世できるかどうかが1/2と、所詮は運ゲーで、システム的には鼻クソみたいなもんなんですが、面白かったんです。
人生ゲームでこれだけ面白いと思ったのは初めてでした。
やっぱりこれも、モチーフが良かったんでしょうか。
家族とプレイできたということも大きかったとは思いますが、子供と盛り上がるんだったら、これくらい運要素があった方が良いのかもしれません。
そういうことも認識できたという点でも画期的だったと思います。

ロレンツォ・イル・マニーフィコは、カードパワーも乱暴ですごく好みでした。
良いユーロだと思いました。
またやりたいです。


今年は本当に「システムとモチーフの噛み合わせ具合が重要」ということを認識させられた一年だったように思います。
今年もみなさんありがとうございました。
来年も、良いゲーム、良いセッションに出会えること、青森のボドゲシーンがもっと盛り上がることを願ってます。
よろしくお願いします(・∀・)!

2016年のゲームランキングを発表します。

(殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
カヴェルナ
アブルクセン

-------------------------
特別賞:コンプレット(※最高に面白かったが、ルールを間違ってプレイしていたため)
1位:デウス(殿堂入り)
2位:ナビゲーター
3位:蒸気の時代
4位:江戸幕府の黄昏
5位:デッド・オブ・ウィンター
6位:ゲシェンク
7位:ナショナルエコノミー
8位:コンコルディア(サルサ拡張入り)
9位:パンデミック:レガシー
10位:ラブレター:ホビット
-------------------------
でした。

デウスはマルチ的なゲームでは最先端に位置しているゲームではないでしょうか。
・領土面積的に負けていても、脱落しない。それどころか細くない勝利への道が用意されている。
・適度な勝ち筋の豊富さと適度なインタラクティブ
・手札管理、リソース管理に集中できるルール分量
・派手でありながら破綻していないカード能力とコンボ
・インスト込みで2時間という時間に収まりながら、もの凄く濃密なプレイ濃度
・複数プレイに耐えられる強度
これらを兼ね備えているゲームを他に知りません。

とにかく、お持ちならプレイしていただきたい。
誰かがプレイするよと言ったなら、ぜひ参加していただきたいと思うゲームです。

本当は、コンプレットを1位にしたかったのですが、これを書く直前に、「連番(連続数字)でないと、手番をもう一回できません」と指摘が入りまして、今までルール間違いでやっていたのだということで、選外に。
ただ、その間違っていたルールがものすごく面白かったので、「特別賞」を与えることにしました。

いたうたちは、「表になっていた数字タイルに隣接するように置けたらもう一回手番を行える」というルールでやっていましたw

これにより、1回に連続で3~5手番行えることが多く、展開が派手で1ゲームが早く終わります。
それでいながら、みんな残り1~3タイルに収束しているので、大きく引き離されるといった「破綻」も皆無でした。
それでいながらしっかり考えどころがあります。
このルールは間違っていますが、本当に面白くて、白熱します。
このルール「間違い」に出会えたことに感謝していますw
正しいルールでやれば、たしかに残りタイル数では接戦でしょうが、展開が地味で、連番タイルを引いた人が大きくリードする、もしくは連番タイルを入れられた人が勝ちやすい運ゲーに近づくんではないかと推測します。
今度正しいルールでプレイしてみますが、たぶんそうなる予感がします。

もしよろしければ、この「ハウスルール」でプレイしてみてください(^-^;)
いたうの家では、このハウスルールでプレイすると思います。

今年のゲーム会の予定も終了したということで、今年プレイした中での主観に満ちたランキングを書きたいと思います。

(殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-

-------------------------
1位:カヴェルナ(殿堂入り)
2位:デッド・オブ・ウィンター
3位:ナショナルエコノミー
4位:アンドールの伝説
5位:アブルクセン(殿堂入り)
6位:デウス
7位:ブラッドバウンド
8位:テラミスティカ
9位:ラブレター:ホビット
10位:七不思議バベル

11位:サンチアゴ
12位:理性の時代
13位:マイス&ミスティクス
14位:ロール・フォー・ザ・ギャラクシー
15位:モダンアート
以下略
-------------------------
1位のカヴェルナは文句なしです。
囲碁、将棋、カヴェルナ、麻雀、バックギャモン(順序に意味なし)
今度は、経験者抜きのプレイも、希望者がいたらやりたいなあと思っています。
カヴェルナ52 (3)

2位は、デッド・オブ・ウィンター。
これも文句なしです。
ゾンビゲームの金字塔だと思います。
デッドオブウィンター (6)

3位は、ナショナルエコノミー。
カヴェルナと同じワーカープレイスメントですが、シンプルな中に奥深く、システムと設定が合っています。
一日に何度もプレイできるという、稀有なワーカープレイスメントではないでしょうか。
初心者でも誰でもすぐに出来るというところも、ポイントが高かったです。
ナショナルエコノミー6

4位は、アンドールの伝説。
これも、ボードゲーム史に残るゲームだと思います。
家族と、友人と、大事な人と紡ぐ「一大叙事詩」です。
abc20150426 (11)

5位は、アブルクセン。
この順位は自分でもおかしいと思いますが、食べ物に例えれば「梅干」(これだけありさえすれば、ご飯が食える)のようなものなので、この順位なのかなあと。
文句なく殿堂入りです。
七戸ゲーム会150530 (13)

6位は、デウス。
一度しかプレイしていませんが、「これバランス取れてるの?」というくらい「尖り」を残したまま完成させたことに脱帽です。
陣取りマルチ(?)としても、これは一級品だと思います。
abc20150125-9

7位は、ブラッドバウンド。
正体隠匿系でいたうはこれが一番好きで、一番洗練されていると思います。
とてもエレガントなゲームだと思います。
abc20150125-4

8位は、テラミスティカ。
今年ようやく面白さを理解したゲームです。
ありがたいことに、まだまだプレイする機会に恵まれると思います。
ただ、思った以上に実力差が結果に現れるところと、序盤の差を覆すのはなかなか難しいのではないかという現時点での認識のため、この順位になりました。
全然やり足りないです。
これから。
テラミスティカ1 (1)

9位は、ラブレター:ホビット。
素晴らしいアレンジです。
よくもまあ、短時間でこれほど「ミドルアース」の世界へ引き込めるよなあと。
ディベロップのレベルの高さに唸らされました。
ラブレターホビット1 (1)


10位は、七不思議バベル。
これも良拡張で、七不思議のテンポの良さを損なうことなく深みを出すことに成功していたと思います。
「勝ち筋」も多様化させることに成功させたのも、本当に素晴らしいです。
七不思議10 (15)

以上、10位までの寸評でした。
これから漏れたゲームも沢山ありますが、つまらなかった訳ではありません。
「上から順に」並べていったらこうなっただけです。
ご了承くださいm(_ _;)m

今年は私生活が忙しく、ゲームに触れる機会が限られましたが、それでもプレイする相手がいなかった時に比べれば、とても幸せな一年でした。

一緒にプレイしていただいた皆さん、本当にありがとうございました。
また来年も、よろしくお願いします!
来年も、幸多からんことを。

今年のゲーム会の予定も終了したということで、今年プレイした中での主観に満ちたランキングを書きたいと思います。
「電力会社」、「Hannibal」、「War of the Ring」、「指輪物語-対決-」は、殿堂入りという形で除外しました。
とりあえず、中途半端ですが、17位まで載せました。

(殿堂入り)
電力会社
Hannibal
War of the Ring 
指輪物語-対決-
------------------------------------------------
1位:Here I Stand
2位:戦略級関ヶ原
3位:カヴェルナ
4位:ナビゲーター(拡張入り)
5位:After the Flood
6位:アブルクセン
7位:ランカスター
8位:ハートオブクラウン
9位:ブラッドバウンド
10位:アグリコラ(泥沼入り)

11位:イスタンブール
12位:チケット・トゥ・ライド・メルクリン
13位:原始のスープ
14位:アメリゴ
15位:スパイリウム
16位:ヴィニョス
17位: 帝国の闘争
------------------------------------------------
1位の「Here I Stand」は、初プレイでは6~7時間で半分も行きませんでしたが、これだけの面白さと「追体験度(表現度)」を、よくぞ「この程度の」ルールで収めたなあと逆に感心した作品でした。
2位の「戦略級関ヶ原」も、指摘されていた戦闘ルールも、それほど引っかからずに、この「戦役」に没頭できました。素晴らしい作品だと思いました。
3位のカヴェルナは、文句なしで今年やった中でベスト。
4位のナビゲーターは、拡張入りの評価。このゲームの本当の面白さに触れるまで本当に時間がかかったかなと。
5位の「After the Flood」は、今年初プレイだったんですねえ。だいぶ昔の記憶が。
神が降りてきたとしか思えないゲームデザインだと思います。
6位のアブルクセンは、これは100年後まで残るゲームだと思います。
今まで出ていなかったのがおかしいくらい、シンプルというかクラシックというか。
最低5回は連続でやらないとw
7位のランカスターは、「ただの貴族集めゲー」じゃないと理解したことで、一気に深みが増しました。
これも素晴らしいゲームだと思います。
8位のハートオブクラウンは、ラブレターとともに世界に誇れる日本産のアナログゲームだと思います。
9位のブラッドバウンドは、正体隠匿系が苦手な人でも、やれるゲームかなと思います。
システムがとても美しいゲームだと思います。
10位のアグリコラは、泥沼からの脱出入りでの評価です。
11位のイスタンブールは、詰め将棋的なところとリプレイを重ねたところでの展開の多彩さというところが少ないのかなあと(勝手に)感じたところが気になりましたが、とても良いゲームだと思いました。
12位のメルクリンは、さすがに皆さんが評価してるだけあるなと。「乗車券(チケット・トゥ・ライド)」はあんまりやらないのですが(初心者にも勧めない)、これは脳が疲れるまで没頭しました。
コンポーネントも素晴らしかったです。
13位の原始のスープは、これは素晴らしい「追体験」ゲームだなあと。
拡大再生産ゲームとしても良作だと思いました。
RPG的というか。
14位のアメリゴは、今までやったフェルド作品の中で一番だと感じました。
15位のスパイリウムもシステムが美しく、コストパフォーマンスに優れた良作でした。
16位のヴィニョスは、複雑で多彩で、インスト泣かせのゲームですが、ワイン農場経営ゲームとしてはこれを超える作品は本当に少ないと思います。
17位の帝国の闘争は、各国の「らしさ」が出にくいところがありますが(ロシアやプロイセンがインド経営に乗り出したり等)、それを除けばこの程度のルールの分量とプレイ時間で濃密なマルチが味わえる、本当に稀有な作品
だと思います。

以上が、今年の「いたうランキング」でした。
素晴らしいゲーム生活だったと思います。
お付き合いしていただいた方々のみならず、ゲームデザイナー、メーカー、小売店、ルールやサマリーなどを公開してくれた方々に心から感謝したいと思います。

来年も良き歳でありますように。

このページのトップヘ